2017年06月07日

言霊 言霊学講話・人類即我の自覚

自分は高天原の精神原理を身につけた伊耶那岐命、奥さんの伊耶那美命を追っかけて、乱雑ではあるけれど、高天原の原理とは内容をまったく意を異にする客観的な物質世界に接して黄泉国を知ってしまった自分。

その自分を出発点とした自分が「人類即我」の清々した自覚を持つにはどうしたら良いのか。(伊耶那岐の大神)

何だかわからない魑魅魍魎とした知識を体験してしまった自分を浄化して、闇の世界から光の世界へ引き上げる方法はないものだろうか。それにはどういうことを検討していけば良いか、その方法が「禊祓」でございます。

先月にお話しましたが、お浚いします。
ここを以ちて伊耶那岐の大神、詔(の)りたまひしく、「吾(あ)はいな醜(しこめ)め醜めき穢(きたな)き国に到りてありけり。かれ吾は御身(おほみま)の祓(はわへ)せむ」とのりたまひて、竺紫(つくし)の日向(ひむか)の 橘 (たちばな)の小門(をど)の阿波岐原(あはぎはら)に到りまして、禊ぎ祓へたまひき。
かれ投げ棄(う)つる御杖(つえ)に成りませる神の名は、衝(つ)き立つ船戸の神。次に投げ棄つる御帯に成りませる神の名は、道の長乳歯の神。次に投げ棄つる御嚢(みぶくろ)に成りませる神の名は、時量師の神。次に投げ棄つる御衣(みけし)に成りませる神の名は、煩累(わづらひ)の大人の神。次に投げ棄つる御襌(みはかま)に成りませる神の名は、道俣の神。次に投げ棄つる御冠(みかぶり)に成りませる神の名は、飽昨(あきぐひ)の大人(うし)の神。

言霊学講話「津日」(H16年6月・会報193-03)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

言霊 言霊学講話・影がなければ絵にならない

 S)正義の戦と言って正当化するのはどうなんですか?
 O)自分の利益のためと言っているようでいて、何だかそうなってくると世の中分からないでしょ?善いも悪いもない、よく考えてごらんなさい、人間の悪というのは実はないのですよ。

 S)そんなことはない、「あります」と言い張りました。
 O)ないのですよ、強いて言うならば、人間が‘善’が何であるかを知るためにのみ‘悪’は仮に存在するものです。
   そういうことから、人間が悪とか善を考えるレベルを抜け出る眼で見ると善も悪もないのです。それを‘ヒカリ’と言います。芸術的に言いますと全然影のない絵はありません、影がなければ絵になりません。

   表があるから裏がある、裏がない表は有り得ない。裏が悪で表が善、表ばかり見ていると裏があると思ってしまう。自分が正しいことをしていると思っていると裏にあるものは悪いと思う。

つづき
posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

言霊 言霊学講話・悪いことも善くなるための契機

私(S)は小笠原先生(O)に食って掛かった、瞬きしただけで悪人が悪人でなくなる、そのように言われましたから。どうも解せなくて。第一に世の中に神がいるなら何故こんなに悪いことが起こるのか。先生は「悪いことも善くなるための契機になる」とおっしゃった。

 S)神は全知全能だから悪いことがなくても世の中を善くなるための神ではないですか。
 O)貴方のおっしゃりたいことはわからないことはないですよ。貴方は神に人間が悪いことをしながら神が悪いと言う。人間が悪いことをするのであって神様がそれを許しているわけではありません。
   でも、神の眼から見たら悪くも善くもない、わかりませんか?

 S)絶対に分からない!
 O)それでは本当のことを言いましょう。私の眼をみて私が質問しますから答えて下さい。悪(あく)って何ですか?貴方の言う「悪」って何ですか?

 S)人を殺すことは悪です。殺すだけでは言い足らないと思って「自分の利益のために人を殺すことは悪いことです」と言い返した。
 O)戦争へ行って人を殺して金鵄勲章をもらった人がいる。得意になって故郷に帰り死んだら奉られた、そういうのはどうなんですか?


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

言霊 言霊学講話・奇想天外な発想

何故、伊耶那岐の神に(大)が付くのか、それがすこぶる重大なところでして、伊耶那岐命と伊耶那美命は相対していたけれども一緒にしよう、二人の身を一つにするわけにはいきませんが、パッと見て対象の全貌を知った自分だけを見て世界の文明を創造する奇想天外な発想。

今の考え方として何かの問題に対して「これは良いけど、ここはあまり良くない」と言わないと世の中が悪くなるから規制の法律を作ろうとして取り入れます。ところが、昔の日本人の大先祖は規制なんてものの姑息な手段をとらなかった。

そのもの総てを取り入れる、それを引き受けた自分は、我が眼に映じ、耳に聞いたことは総て自分の責任において処理すべき得る方法はないだろうか。

相手に失礼なことではない、相手の総てをそのまま自分の知識として取り込んで、その知識として身につけたものを全部生かす方法はないだろうか。パッと瞬きしただけで悪人が悪人でなくなる方法はないだろうか。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

言霊 言霊学講話・もういいでしょう

綺麗な水からは蓮の花は咲きません、そういう世の中を創り出している。もうこれ以上汚くすると、せっかく生み出した物質文明も失なってしまいます。もうこれ位で良かろうって。

水戸黄門というテレビ番組の中で最後に黄門様が助さん格さんに「もういいでしょう」と締めのセリフがございますが、そういう時です。

もうすぐ、胸をパァ〜っと開いて、眼光紙背に徹すべし。「コトタマ学入門」という表題だけを読んで「読んだ」と言ってはダメですよ、裏もあります。(笑)

助さん格さんに「もういいでしょう」と現実に言われてどう変わっていくか(言向け)。そうしてそれからどういうことが起こるか、メガネを掛けている人はよく磨いてかけ直して、色眼鏡だけは外して下さい、そうしますと必ず分かります。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

言霊 言霊学講話・泥沼の中からでないと蓮の花は咲かない

一人でも出来る原理を授ける。五十音図は五つあります、言霊ウを中心に置いた天津金木音図をモーゼ率いるヘブライ民族の言葉と数霊に置き換えて教えました。それをカバラの原理と申します。

その原理に則りますと居ながらに物質文明を操作することが出来る。金儲けも自由自在、知りたい人は饅頭一つでも持って私の所へいらっしゃいませ。(笑)でも、カバラは日本の天津金木音図を脚色しましたから、そういうためのものではございません。

それから三千年、ご覧の通りの凄い物質文明が出来上がりました。しかし、一人の血筋だけが神ですから。神でないものを神として創った文明ですから不合理なことはいくらでもあります。

殺人も泥棒も横行する精神的に言えば泥沼の世。あの泥沼の中からキレイな薄紅色の蓮の花が咲くように物質文明が花開きました。今の世の中は汚い々々と言いますが、そういう泥沼の中からでないと蓮の花は咲かない。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

言霊 言霊学講話・その一言

今から三千二三百年前、日本の大先祖の一人である神足別豊鋤天皇が世界中で一番頭の良さそうな人間を選びまして、その人に勅命しました。

それは「これから三千年間は、お前とお前の子孫がイニシアチブを執って、物事を外に観る原理(カバラ)の力によって世界を再統一せよ。」

その人が祖国へ帰る時に大変なことを告げました。この言葉は竹内文献にもハッキリ遺っておりますが、その人の名前を「モーゼ」と申します。「汝モーゼ、汝より他に神なしと知れ」と勅令します。

「これから三千年、お前とお前の子孫が神である、お前の言う通りになる戦術をお前に授ける、それによって物質文明を完成させよ」と書いてありますが、一人の力でそのようなことが出来るのか。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

言霊 言霊学講話・仮初の方便

精神文明を基礎として物質文明を取り入れていく方法はどうしたら良いのか。どうすれば一番人間に相応しい文明が築いていけるのかを検討し始める。その検討することを「禊祓」と申します。

何故「禊祓」と言うのか、今は神社神道の因習である、瀧に打たれ、冷たい水を浴び、自分の罪穢れを祓う行と認識されています。ここでいう禊祓は個人的な罪穢れを祓い無くすのではございません。

人類が今までに何十億人の人達が生まれ変わり死に変わり、人類文明を創って来ました。その創造する中心となる方法、こうすれば一番能率的で、一番良い方法を探るために、人類が初めて、日本人の大先祖が、それ以上の方法は決して見つからない方法を発見して、それに則って人類文明が発展してきているのです。

勿論、二千年前に言霊の原理は伊勢神宮に神として奉られてこの世には出なくなりましたから、この二千年間はある意味、人類文明は惰性でもって、人類最高の原理の代わりに民主主義を取り入れました。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

言霊 言霊学講話・一つの言葉では語れない

それで伊耶那岐命は、此処からは高天原、此処までが黄泉国という「千引きの石」を挟んで向かい合い、言戸を渡す、言葉の戸を立てた、今で言う離婚。離婚しましたら大概の人は外で会ってもお互いに自分から言葉をかけようとはしません、だから言葉に戸が立つ。

でも、実は神話の物語では人間に喩えておりますが、伊耶那岐命と伊耶那美命が離婚したというのは、人類文明から視て、内に観る精神的文明と外に見る物質文明は、そのやり方、内容が総て正反対であって、全然一つの言葉では語れない、それを宣言したということです。

そういうことから精神文明と物質文明は一緒になれない。伊耶那岐命が精神文明の言霊原理を完成させてこれで完璧だが、これが物質文化とお付き合いしなければならない今後は、どういう態度で精神文明と物質文明を融合させていくことが出来るのか。

それは自分には経験のないことだから「どうしたら良いだろう」と黄泉国へ行ったわけです。高天原に帰ってきてどうすれば物質文明も事無く順調に取り入れることが出来るかを検討し始める。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

言霊 言霊学講話・外に向かって研究する競争原理

今まで高天原の精神世界の構造を調べていた伊耶那岐命が客観世界の黄泉国へ飛び込んでいって、「どういうことをうちのかみさん(伊耶那美命)は研究しているのかな」とその研究方法や内容を直に体験いたします。

その乱雑でもって自己主張が強い黄泉国は、外に向かって研究する「あいつの研究は幼稚な意見で俺の方が進んでいる」と言って切磋琢磨しながら発展していく仕方です。

それは互いの誤りを指摘し合う競争社会でしたから伊耶那岐命は驚いて「こんな所には居られない」とさっさと高天原に帰って来ます。

伊邪那美命が「黄泉国は高天原のような完成された原理はなく、外に見る客観的な不整理な社会なので見てくださるなと言ったのに、貴方は見てしまった。私に恥をかかせた」と言って手下を連れて逃げ帰る伊耶那岐命を追いかけて来ました。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする