2017年03月06日

言霊 言霊学講話・有り得ないことを誰がやる

それを「結縄の政」と言います。心の中にあって「善悪・善悪・善悪」に結び付けるようとする心が光にあたると自分の不都合や自我意識がスーッと消えてしまう。その自我が消えることが良いことと知っている世の中。

「それではこうしましょう」と長が決めて、それを実行することは、上から押し付ける専制政治、皆に量り賛成したことが本当の民主主義。新しい時代の民主主義はそういうことになります。そうなると言われて二三千年、お釈迦様は大嘘つきか。

この間もホームページの訪問者が「お前の言っていることは良いことばかり言っているが、現状はピンからキリまで悲観材料ばかりだ。お前だけいい気になっているがこんなのは嘘だ」というコメントが寄せられたと聞きました。

「では、あなたのお考えはどうなんですか?」と訊きましたら
「俺の考えがないから、良い考えがあるんじゃないかと思って、訪問して読んでみた、読んだだけなら感心する、でも、こんなこと有り得ないじゃないか、誰がやるんだ。」


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-03)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

言霊 言霊学講話・結縄の政

孔子さんはこの光の世紀を「結縄の政」と言いました。結縄の「縄」は名を和する、縄の編みは陰陽を糾いますでしょ。言霊の幸倍(タトヨツテ・・・)のことを、縄を編む「結縄」と表現しています。

「大道廃れて仁義あり」、大道とは言霊、言霊が隠される前は「〜してはいけない」、「〜せよ」が一切なかった。その人の本生に根ざしたことは総てその人に任せる。その調整は世の中の長老たるべきやる仕事であって、一切、格子無き牢獄は作らない、それが大道の時代のやり方。

そのやり方は、「どんなことをすれば良いか」について、榊を根っこごと霊知りたちの円座の中央に立てて、それに幣を垂らしまして、円座の長が「では始めましょう」と目を瞑る。三分なら三分、「どうでしょう」、賛否をとれば、奇妙にも反対がない。

目を瞑っている間に自我という考えがスーッと消えて、やるべき事の目的に向かって誰もが同じように「そのようになればいいな」という考えだけで答えを出す。良い事だけど「俺は嫌だ」というその「俺」がスーッと消える。自分だけではなく皆が良い方にやろうとする。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-03)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

言霊 言霊学講話・二千年のキリスト世紀

その発案者には何ら危害も変更も加えずそのままを生かす。仏教の阿弥陀経ではこのことを「一切衆生摂取不捨」と申します。ですが、この光の働きを説いておりません。それを匂わすように教菩薩法は「教菩薩仏所護念」と説いています。

教菩薩法は仏教は菩薩の教え、仏が護る所を念じた教え、仏教は仏が説いた教えです。「仏とは何ぞや」を説いておりません。最高の教えは仏様にしか出来ませんから説いてございません。

ですから法華経には、仏そのものには触れずに仏になろうとして修行している菩薩に教えを口伝して「仏様が常にそれを護っていて念じている所の法」と書いています。

又は、イエス・キリストは二千年の世紀の名付け親、キリスト世紀と申します。「天国は近づけり、汝ら悔い改めよ」、二千年経って、むしろ酷くなってしまいました。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-03)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

言霊 言霊学講話・何か起こらない内に何も起こらないようにする

そうじゃない、「無作の作」を知っていた。今の政治家は何か起ころうとしても、怠けているから起こってしまって、起こったとしても他人事と考えているから、これ以上放っておくと自分の身が危うくなるから何か起こす。

改革というのでしたら、何も起こらない内から改革すればいい。すると、誰も分からない。そして、何も起こらない。それが政治だということを知っていた時代。そういう時代があったということが中国の古文献には書いてございます。

光、霊駆り、此処から其処へ渡すには、光というものが作用して一切の文化、個々別々の文化等々を、世界人類文明として、ドイツの哲学用語で「止揚」と申しますが、止めて揚げる、総てのものを引き上げて、新しい使命を授けて文明創造の一端を担わし、人類文明として統一する。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02了)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

言霊 言霊学講話・無作の作

或るお坊さんが寺に招待した。招待された床の間には名人が使っていた弓矢が飾られていた。「あれは何か」と尋ねたら、お坊さんがビックリしていくら年老いても自分が使っていた弓矢を忘れることはないだろう、冗談を言っているのだと思った。

これはあなたが昔使っていた弓矢です。「何に使うものかね?」と尋ねた。それから名声は更に高まった。何も私が面白おかしく話しているわけではないのです。その通りに書いてあります。

無作の作、何もしないことの尊さ。政治家というものは人民から「よくやっているな」と思われたら、もう下。何にもせずに無駄飯食っていて、何だったんだんだろう、今の総理大臣は何て名だったっけ、総理大臣は確かいるはずだけど東京の霞が関辺りで「何にもしてないそうだよ」と言われたら‘上’。

何か世の中に起こるから政治家は「何してんだ」ということになる。何にも起こらない、政治家の名前は出てこない、そういう時代が最高です。今の歴史家は神武天皇前の九代までの天皇は史実がないので在していなかったというのが定説です。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

言霊 言霊学講話・神仙の国

日本の歴史はたかだか千二三百年に書かれたものだけが遺っておりますが、それ以前に書かれたものは焼かれてしまって失くしてしまった。中国は二千七八百年前くらいの本は遺されておりますから、お読み下さると実に面白いことが書かれております。
 黄河の水流れて東方絶海の中央にあるとされる島あり。その神仙の国には五つの穴が空いており、霊気がそこから立ち上り、あらゆるものがその穴に入り、どんなに入っても一杯にならず、どんなに出ても尽きることがない。神仙の人々は百里千里を軽々と飛ぶ不老長寿の国なり。

嘘と言われてもそう書いてございます。又、他には「百戦戦って勝つのは中の中、百戦戦って負けるのは下の下、戦わずして勝たずに負ける、これ上の上。」戦う必要がないから勝つ、負ける必要もない。

弓を射て鳥を落とすのに飽きた、そこで矢を捨てた、弓の弦だけにしても鳥が落ちた、しまいに弓も捨てた、そのうち「オイ」と言っただけで鳥が落ちた、それも止めた。それだけで有名になって年老いた。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

言霊 言霊学講話・大昔の日本は鼓腹太平の世の中

日本は大昔から民族混合の国でした、今のアメリカがそうです。三千年も前から日本は世界中の人々が集まっておりました。モーゼ、釈迦、キリスト、孔子、皆さん、いらした。

そんな馬鹿な話があるかってお思いでしょうが、モーゼなんか歩いてきても大変なのに、でも、マルコポーロは歩いて来ましたでしょ。昔は山賊っていうのはいませんでした。何故なら山賊するぐらい馬鹿らしいことはないというのが常識でした。

他人の物を盗って暮らすのは、そのような心が寂しいことをすれば、最も貧乏してしまうよ、ということがハッキリしていた時代です。だから「盗め」と言われても盗まない。「盗んでくれ」と言っても盗まない時代、だから警察は必要なかった。

小さい罪はあったでしょうが大きな罪はなかった。だから鼓腹太平で幸せな世の中を謳歌していたと書いてあります。何も要らなくなって、腹いっぱい食べたら、誰だって腹鼓を打ちたくなる、そのような時代だったと中国の古文献には書いてございます。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

言霊 言霊学講話・神在月

外国の神様、天理教教祖の神懸り(お筆先)に、「この国の天皇は外国人、それがそもそも日本古来の神様のお腹立ちだよ」と書いてある。そんなことを言いましたら戦争中は捕まってしまいますから、差し障りのあるお筆先を隠してしまって今に至ります。

このお筆先が言う「日本の天皇は古来の日本の神様ではないよ、関係ないよ、外国の神様だよ、それがそもそも日本の神様のお腹立ちなんだよ」の意味は、十月になりますと出雲に日本中の神様が集まります、それで「神無月」、出雲の国では「神在月」と申しております。

話を元に戻しまして、「光」の問題、どの信仰も「光を掲げよ、真理を掲げよ、灯火を掲げよ」とか申します。真理の灯火が輝けばそれに興味のある人は「右向け右」で右を向きます。

テレビを掲げますと世界中が「テレビ」へ向きます。ケータイを掲げれば「ケータイ」へ向きます、これは物質文明の光。そうではなくて人間の心の光を掲げることによって、彼処へ行けば世界文明の一端を担える、昔、神代の二三千年前の時代では文物が日本に集まってきていた。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

言霊 言霊学講話・神倭王朝

その発案、張本人が神倭王朝第一代の神武天皇です。その改革を計画したのが第十代の崇神天皇。そして輸入することによって文化を開始したのが第十五代の応神天皇。どの天皇にも「神」が付きます。

神倭王朝は百二十四代続きましたから、「神」の名が付く天皇はさぞかし多いと思われるでしょうが、あるグループの方たちが数えてみたら三人しかいないということを教えて下さいました。神武、崇神、応神天皇のこの三人しかいらっしゃらない。

この三人の天皇は今の日本をこのようにしようと意図し、計画し、実行した天皇です。神武天皇は神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)と申しまして、そこから神倭王朝と後の歴史家は必ず名付けるだろうと私は予言いたします。

言霊フトマニを隠した神武天皇、神として伊勢神宮に奉った崇神天皇、日本の精神文化ではない物質文化を輸入することによって、日本の国を創っていこうとした応神天皇。それでは何の神様なのか。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

言霊 言霊学講話・日本人の大先祖が発見した原理

何方の心の中に全ていて生命の源を形作っています。では、ウオアエに出来ないで何故イが出来るのか。私達の大先祖が考えだした、これほどの不思議はない発見をいたしました。それは素晴らしい能力を人間は授かっていることを自覚し、言霊フトマニとしてまとめました。

何故、ウオアエを霊諸招(ひもろぎ)で置き足らはすのか。イは現象音ではありませんから、ウオアエを「お前引っ込め、お前は良いよ」と選り好みしてまとめたのではありません。全てのものを置き足らはす何かを具えていた。それが人間の心の光。

昔の神話の時代、今から三千五百年前くらい、日本においては二千年前、日本が一番神話の時代が長く続きました。外国では神話の時代が終わって弱肉強食の世界が早く訪れています。

生存競争から生まれた自然科学がある程度発達した時に、日本の国は国是を外国からの輸入によって日本の文化を興していく方針にガラッと変わります。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

言霊 言霊学講話・大自然の性能であると同時に知性の性能

世界総人数の考えを按配するとなったら、ウオアエだけの性能では「霊諸招」は出来ない。残るイの性能はウオアエの性能を下支えして統括して、イの性能である八父韻がウオアエの宇宙に働きかけて現象を起こす力動韻です。

そのように人間の心を構成している五十個の言霊はイの段階に存在する。イの段階から世の中を見ますと五十個の言霊に見える、それ以外に何もない。心の深奥にある性能は生命創造意志ですから現象になりません。

ウオアエは現象、出来事になります、だから黄泉(四方津)国、世(四)の語源です。4つの階層で出来上がっている。イの階層はウオアエに働きかけて現象を起こす人間の根本的な大自然の性能であると同時に知性の性能でもあります。

造物主、神の神、古事記では伊邪那岐命と申します。どうしてそのようなことが出来る性能なのか、その原因は何か、そういうことをする神様ということ以外分かりません。その神様は何処にいるのか、あのくだらないことを喋っている奴の中にいる、でも私の中だけにいるわけではございません。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

言霊 言霊学講話・煩悩具足の凡夫

宗教家は臍下丹田から出てくる、ここに欲望の原因があると申しますが、意味もなく出てまいります。何処から出てくるにしろ、ウの性能の発信地である心の宇宙から産業経済が出て来ます。

欲望について造詣が深いというか(笑)、生まれながらに頂いております。教えもしないのに生まれてきた赤ちゃんがおっぱいを吸うのは本能です。

次に「何で?」、「どうして?」、これは経験知オの性能、育つに連れ、「好き」だの「嫌い」だのアの感情を表に出します。エはウオアの性能をどのようにミックスして相手に対したら物事がよく成功するのか、選択肢の性能。

欲望ばかりで突進しますと「あいつは嫌な野郎だ」と言われるかもしれない、理屈ばかり捏ねても、感情を押し出しても、うまくいかない。相手に好印象を持たれるには、どう按配すればいいか。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

言霊 言霊学講話・歴史学者も宗教学者も決して言わないこと

大祓祝詞では三四行で書いてある所を旧約聖書では三四十頁に亘り詳細に書いてございます。どうして時代も場所も違うのに同じなのか、今の歴史は変だな、変でも面白いのでお読み下さい。歴史学者も宗教学者も決して言いません。

どっかで連絡なければ、そういうことは有り得ない。クシャミ1回したって、何処かで何か噂してるのだろうって、文字にして何千年も経ったものが一つのものに符号していたなら、それは何かあったに相違ないのです。

人間が平然と霊諸招(ひむろぎ)が可能であった日本の古代はどういう時代だったのか。その古代を築き上げて来た考え方の基本とは何か。数千年もそのような時代が続いたということは、普遍の原理があった、それが天津神籬の原理。

その原理から言えば、人間の五つの性能を生まれた時から授かっています。ウは五感感覚(目・舌・耳・鼻・皮膚)で感じることの出来る欲望の宇宙から発生します。旨いもの食って、「もういらない」くらい満腹していても、「もう少しビールが飲みたい」、飲んだとしても又、何か物足らなくなる。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

言霊 言霊学講話・大祓祝詞と旧約聖書

この三四千年はみんな我利々々亡者です、弱肉強食の社会が続いています。ところが、霊諸招(ひもろぎ)の世界が精神文明では五千年も続いていた。そんな歴史は聴いたことがないと思われるでしょうが、各国の神話をお読み下さると書いてございます。

日本では、記紀、中国、ギリシア、北欧神話等々をお読み下さると、みんな素晴らしい世の中があったと書いてある。神話なのだから現実にあったわけじゃない、今の国学者や歴史学者は否定します。

世界中の各民族に伝わっているということは、大昔に世界中が連絡していたということです。日本の大祓祝詞は三分もあれば読めます。それから旧約聖書のペンタトーチ、「初めに神、天地を創りたまふ」の創世記から始まって五章までをお読み下さい。

これは三分というわけにはいきません。三日くらいかかるかもしれませんが、これを読みましたら、どんなにへそ曲がりの方でも、「これは変だな」と、何故なら、大祓祝詞と旧約聖書に書かれている内容がまったく同じです。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

言霊 言霊学講話・白紙に描く絵のようなもの

言霊学によって分かりますことは、人間の心は五十の言霊で構成され、どういう構造で配列してされているかを古事記は説きます。それがどのように動くか、そして、総てを「霊諸招(ひもろぎ)」として置き足らはします。

総ての考え方を黄泉国と申します。色んな考え方が雲のごとくに湧き出る所、日本では夏の入道雲のように何千メートルにもモクモクと湧き出る如く「出雲」と申します。雲はアイデアのこと。

そのアイデアは、社会的に立派と思われたいがために宣伝します。その力によって、芥川賞やピッツリア賞やアカデミー賞、又はノーベル賞といったものになりますが、そういうのではなくて、ごく普通に人生の中で経験し、発表し、心の中で思っていること。

人生というのは何にもない白紙に自分が寿命の間に描く絵のようなもの。その絵をお互いが「素晴らしい」と祝福するような社会を創る。それが天津神籬の結論になる。その結論がどうして可能なのか。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

言霊 言霊学講話・永遠に生きるように置き足らはす

古代ではそういう意味から言霊フトマニの結論を「霊諸招」(神籬)と名付けた。言霊が総て置き足らはされて、調和を保っている最高の人間の心構えのこと。

と同時に、その霊諸招の心になれば、世界総人数の心を総て置き足らはして、不公平感もなく、社会的な地位も関係なく、人間の性、人間の心の持ち方そのものを総て取り上げて。その人が満足のいくように置き足らはして次の世に送る。(禊祓)

 禊祓…
言霊アの自覚によって生れ出た赤ん坊の如き貴方が、その赤ん坊の心である和久産巣日の神の心(天津菅麻音図)のままに貴方御自身という伊耶那岐の大神という宇宙身となり、習いおぼえた五十音言霊原理(建御雷の男の神)を衝立つ船戸の神と掲げ斎き立て、竺紫の日向の橘の小門の阿波岐原に立って、自分が生れた時から積み上げてきた経験知識を黄泉国所産の文化として、「吾はいな醜(しこ)め醜めき穢(きたな)き国に到りてありけり。かれ吾は御身(おほみま)の祓(はら)へせん」と貴方御自身の生命の総結論の自覚に向って禊祓の行を実行することとなります。

人間は死ぬことはないのですから。「永遠に生きるように置き足らはす。」それが「霊諸招」(ひもろぎ)です。

言霊学講話「天津神籬」(H16年2月・会報189-01了)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

言霊 言霊学講話・伊勢参りは外宮からお参りするのは何故?

そんなこと出来っこないだろうと疑われるでしょうが、世界に一箇所だけ出来る所がある。「悪いようにはしないから来いよ」(霊諸招)、今は神様に奉っているのが伊勢神宮の外宮です。

伊勢参りは外宮からお参りします。それは外から入らないと内に入れない。昔のしきたりとして外宮から。外宮の神様は天津菅麻音図の内容を持った神様。

 「貴方はこういう性質の一生を送って来られたから、こういうように貴方の人生を表現すると、貴方自身が一番安心するじゃないですか?」
 「そうですね」
というように相槌を打てるようなその人の人生を謳歌してくれる所。

其処で性質を沙庭され、内宮へ参り、認定された段位から「貴方の時所位はここに納まる方ですよ」とお奉りする。内外宮が分かれているのはそういう意味です。


言霊学講話「天津神籬」(H16年2月・会報189-01了)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

言霊 言霊学講話・摂取不捨

もう一つの解釈は小笠原先生に教わりました。「ヒモロオギ(霊諸招)」の「ヒ」は言霊ではなく、世界中の至る所から色んな人が色んな目的のための発想がワイワイ出てきます。その一つ一つの内容が「ヒ」。

ところがそのワイワイを放置しますと人類文明というのは混乱します。そのワイワイ出て来た藝術であれ、何であれ、一切の世界の産物を、そんなに喧嘩せずともお前たちが世界人類の文明を創造していくための一駒々々となって、目的を遂げられるようにするから、いらっしゃい。

今は大概アメリカに集まります、もうすぐ東洋の小さな島国に集まってくる、何故集まるか、一番求心力が強い所に集まる。発想が十の内九がデタラメであっても、そのデタラメを捨てない所、つまり居心地の良い所へ、いらっしゃいよ。(もろおぎ)

それらの意見を取捨選択せずにその意見通りに 救われて、他の主張とも調和がとれて、「あー、良かったな」と言える所。夢物語のような所が古代の日本でした。


言霊学講話「天津神籬」(H16年2月・会報189-01)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

言霊 言霊学講話・言霊の幸倍へ

お茶が飲みたい(ア)、美味しかった(ワ)、一つの現象が終わる、この母音、半母音の二つが一つになった心柱(霊台)、天津磐境も天津神籬も心柱から出て心柱に帰る。

これは永遠に変わらない人間の人間たる所以です。言霊が出たり、入ったりする変化、その基礎原理ですよということです。(一心の霊台、諸神変通の本基)

結論のことを「天津神籬」と申します。神様の生籬(いけがき)、この本当の意味は、昔、言霊のことを一字で「霊(ヒ)」と申しました。

霊諸招(神籬)とはどういう意味か、五十の言霊諸々を「来いよ」と招き五十音の垣根を作る。五十の言霊が調和して、居心地いいから少し休んで一杯やるかというようなその中に置き足らはしてしまう。


言霊学講話「天津神籬」(H16年2月・会報189-01)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

言霊 言霊学講話・心柱

小笠原先生が「世の中で一番寂しがり屋なのは誰だか知っているかい?」私が「さぁ〜」と答えましたら、「神様くらい憐れなものはない、宇宙で一人しかいない、誰にも相談出来ない、酒飲む相手もいない」と教えて下さいました。

李白の詩に「酒を飲み、自分の影と問答した」という詩があります。神様は孤独、だから人間も孤独。心から孤独になりますと凍り付く、此処にいるということが何か大地の中に液体になって溶けてしまうような孤独感に陥ります。神様は年中そういう経験をなさっています。

このウオアエイの配列は、この配列とはちょっと違いますが、伊勢神宮の本殿中央の八咫の鏡の真下に五尺の柱が立っております。これを心柱(しんばしら)、又は忌み柱(いみばしら)、又は御量柱(みはかりばしら)と申しまして、伊勢神宮で一番大切にされております。

この中の「忌み柱」の忌みはつという意、一番尊い己の心、「一心の霊台、諸神変通の本基」と神道五部書には書いてございます。人間の一心は心柱から出て心柱に帰る。


言霊学講話「天津神籬」(H16年2月・会報189-01)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする