2017年06月07日

言霊 言霊学講話・人類即我の自覚

自分は高天原の精神原理を身につけた伊耶那岐命、奥さんの伊耶那美命を追っかけて、乱雑ではあるけれど、高天原の原理とは内容をまったく意を異にする客観的な物質世界に接して黄泉国を知ってしまった自分。

その自分を出発点とした自分が「人類即我」の清々した自覚を持つにはどうしたら良いのか。(伊耶那岐の大神)

何だかわからない魑魅魍魎とした知識を体験してしまった自分を浄化して、闇の世界から光の世界へ引き上げる方法はないものだろうか。それにはどういうことを検討していけば良いか、その方法が「禊祓」でございます。

先月にお話しましたが、お浚いします。
ここを以ちて伊耶那岐の大神、詔(の)りたまひしく、「吾(あ)はいな醜(しこめ)め醜めき穢(きたな)き国に到りてありけり。かれ吾は御身(おほみま)の祓(はわへ)せむ」とのりたまひて、竺紫(つくし)の日向(ひむか)の 橘 (たちばな)の小門(をど)の阿波岐原(あはぎはら)に到りまして、禊ぎ祓へたまひき。
かれ投げ棄(う)つる御杖(つえ)に成りませる神の名は、衝(つ)き立つ船戸の神。次に投げ棄つる御帯に成りませる神の名は、道の長乳歯の神。次に投げ棄つる御嚢(みぶくろ)に成りませる神の名は、時量師の神。次に投げ棄つる御衣(みけし)に成りませる神の名は、煩累(わづらひ)の大人の神。次に投げ棄つる御襌(みはかま)に成りませる神の名は、道俣の神。次に投げ棄つる御冠(みかぶり)に成りませる神の名は、飽昨(あきぐひ)の大人(うし)の神。

言霊学講話「津日」(H16年6月・会報193-03)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

言霊 言霊学講話・影がなければ絵にならない

 S)正義の戦と言って正当化するのはどうなんですか?
 O)自分の利益のためと言っているようでいて、何だかそうなってくると世の中分からないでしょ?善いも悪いもない、よく考えてごらんなさい、人間の悪というのは実はないのですよ。

 S)そんなことはない、「あります」と言い張りました。
 O)ないのですよ、強いて言うならば、人間が‘善’が何であるかを知るためにのみ‘悪’は仮に存在するものです。
   そういうことから、人間が悪とか善を考えるレベルを抜け出る眼で見ると善も悪もないのです。それを‘ヒカリ’と言います。芸術的に言いますと全然影のない絵はありません、影がなければ絵になりません。

   表があるから裏がある、裏がない表は有り得ない。裏が悪で表が善、表ばかり見ていると裏があると思ってしまう。自分が正しいことをしていると思っていると裏にあるものは悪いと思う。

つづき
posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

言霊 言霊学講話・悪いことも善くなるための契機

私(S)は小笠原先生(O)に食って掛かった、瞬きしただけで悪人が悪人でなくなる、そのように言われましたから。どうも解せなくて。第一に世の中に神がいるなら何故こんなに悪いことが起こるのか。先生は「悪いことも善くなるための契機になる」とおっしゃった。

 S)神は全知全能だから悪いことがなくても世の中を善くなるための神ではないですか。
 O)貴方のおっしゃりたいことはわからないことはないですよ。貴方は神に人間が悪いことをしながら神が悪いと言う。人間が悪いことをするのであって神様がそれを許しているわけではありません。
   でも、神の眼から見たら悪くも善くもない、わかりませんか?

 S)絶対に分からない!
 O)それでは本当のことを言いましょう。私の眼をみて私が質問しますから答えて下さい。悪(あく)って何ですか?貴方の言う「悪」って何ですか?

 S)人を殺すことは悪です。殺すだけでは言い足らないと思って「自分の利益のために人を殺すことは悪いことです」と言い返した。
 O)戦争へ行って人を殺して金鵄勲章をもらった人がいる。得意になって故郷に帰り死んだら奉られた、そういうのはどうなんですか?


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

言霊 言霊学講話・奇想天外な発想

何故、伊耶那岐の神に(大)が付くのか、それがすこぶる重大なところでして、伊耶那岐命と伊耶那美命は相対していたけれども一緒にしよう、二人の身を一つにするわけにはいきませんが、パッと見て対象の全貌を知った自分だけを見て世界の文明を創造する奇想天外な発想。

今の考え方として何かの問題に対して「これは良いけど、ここはあまり良くない」と言わないと世の中が悪くなるから規制の法律を作ろうとして取り入れます。ところが、昔の日本人の大先祖は規制なんてものの姑息な手段をとらなかった。

そのもの総てを取り入れる、それを引き受けた自分は、我が眼に映じ、耳に聞いたことは総て自分の責任において処理すべき得る方法はないだろうか。

相手に失礼なことではない、相手の総てをそのまま自分の知識として取り込んで、その知識として身につけたものを全部生かす方法はないだろうか。パッと瞬きしただけで悪人が悪人でなくなる方法はないだろうか。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

言霊 言霊学講話・もういいでしょう

綺麗な水からは蓮の花は咲きません、そういう世の中を創り出している。もうこれ以上汚くすると、せっかく生み出した物質文明も失なってしまいます。もうこれ位で良かろうって。

水戸黄門というテレビ番組の中で最後に黄門様が助さん格さんに「もういいでしょう」と締めのセリフがございますが、そういう時です。

もうすぐ、胸をパァ〜っと開いて、眼光紙背に徹すべし。「コトタマ学入門」という表題だけを読んで「読んだ」と言ってはダメですよ、裏もあります。(笑)

助さん格さんに「もういいでしょう」と現実に言われてどう変わっていくか(言向け)。そうしてそれからどういうことが起こるか、メガネを掛けている人はよく磨いてかけ直して、色眼鏡だけは外して下さい、そうしますと必ず分かります。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

言霊 言霊学講話・泥沼の中からでないと蓮の花は咲かない

一人でも出来る原理を授ける。五十音図は五つあります、言霊ウを中心に置いた天津金木音図をモーゼ率いるヘブライ民族の言葉と数霊に置き換えて教えました。それをカバラの原理と申します。

その原理に則りますと居ながらに物質文明を操作することが出来る。金儲けも自由自在、知りたい人は饅頭一つでも持って私の所へいらっしゃいませ。(笑)でも、カバラは日本の天津金木音図を脚色しましたから、そういうためのものではございません。

それから三千年、ご覧の通りの凄い物質文明が出来上がりました。しかし、一人の血筋だけが神ですから。神でないものを神として創った文明ですから不合理なことはいくらでもあります。

殺人も泥棒も横行する精神的に言えば泥沼の世。あの泥沼の中からキレイな薄紅色の蓮の花が咲くように物質文明が花開きました。今の世の中は汚い々々と言いますが、そういう泥沼の中からでないと蓮の花は咲かない。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

言霊 言霊学講話・その一言

今から三千二三百年前、日本の大先祖の一人である神足別豊鋤天皇が世界中で一番頭の良さそうな人間を選びまして、その人に勅命しました。

それは「これから三千年間は、お前とお前の子孫がイニシアチブを執って、物事を外に観る原理(カバラ)の力によって世界を再統一せよ。」

その人が祖国へ帰る時に大変なことを告げました。この言葉は竹内文献にもハッキリ遺っておりますが、その人の名前を「モーゼ」と申します。「汝モーゼ、汝より他に神なしと知れ」と勅令します。

「これから三千年、お前とお前の子孫が神である、お前の言う通りになる戦術をお前に授ける、それによって物質文明を完成させよ」と書いてありますが、一人の力でそのようなことが出来るのか。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

言霊 言霊学講話・仮初の方便

精神文明を基礎として物質文明を取り入れていく方法はどうしたら良いのか。どうすれば一番人間に相応しい文明が築いていけるのかを検討し始める。その検討することを「禊祓」と申します。

何故「禊祓」と言うのか、今は神社神道の因習である、瀧に打たれ、冷たい水を浴び、自分の罪穢れを祓う行と認識されています。ここでいう禊祓は個人的な罪穢れを祓い無くすのではございません。

人類が今までに何十億人の人達が生まれ変わり死に変わり、人類文明を創って来ました。その創造する中心となる方法、こうすれば一番能率的で、一番良い方法を探るために、人類が初めて、日本人の大先祖が、それ以上の方法は決して見つからない方法を発見して、それに則って人類文明が発展してきているのです。

勿論、二千年前に言霊の原理は伊勢神宮に神として奉られてこの世には出なくなりましたから、この二千年間はある意味、人類文明は惰性でもって、人類最高の原理の代わりに民主主義を取り入れました。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

言霊 言霊学講話・一つの言葉では語れない

それで伊耶那岐命は、此処からは高天原、此処までが黄泉国という「千引きの石」を挟んで向かい合い、言戸を渡す、言葉の戸を立てた、今で言う離婚。離婚しましたら大概の人は外で会ってもお互いに自分から言葉をかけようとはしません、だから言葉に戸が立つ。

でも、実は神話の物語では人間に喩えておりますが、伊耶那岐命と伊耶那美命が離婚したというのは、人類文明から視て、内に観る精神的文明と外に見る物質文明は、そのやり方、内容が総て正反対であって、全然一つの言葉では語れない、それを宣言したということです。

そういうことから精神文明と物質文明は一緒になれない。伊耶那岐命が精神文明の言霊原理を完成させてこれで完璧だが、これが物質文化とお付き合いしなければならない今後は、どういう態度で精神文明と物質文明を融合させていくことが出来るのか。

それは自分には経験のないことだから「どうしたら良いだろう」と黄泉国へ行ったわけです。高天原に帰ってきてどうすれば物質文明も事無く順調に取り入れることが出来るかを検討し始める。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

言霊 言霊学講話・外に向かって研究する競争原理

今まで高天原の精神世界の構造を調べていた伊耶那岐命が客観世界の黄泉国へ飛び込んでいって、「どういうことをうちのかみさん(伊耶那美命)は研究しているのかな」とその研究方法や内容を直に体験いたします。

その乱雑でもって自己主張が強い黄泉国は、外に向かって研究する「あいつの研究は幼稚な意見で俺の方が進んでいる」と言って切磋琢磨しながら発展していく仕方です。

それは互いの誤りを指摘し合う競争社会でしたから伊耶那岐命は驚いて「こんな所には居られない」とさっさと高天原に帰って来ます。

伊邪那美命が「黄泉国は高天原のような完成された原理はなく、外に見る客観的な不整理な社会なので見てくださるなと言ったのに、貴方は見てしまった。私に恥をかかせた」と言って手下を連れて逃げ帰る伊耶那岐命を追いかけて来ました。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

言霊 言霊学講話・観る側と観られる側

「振り下ろす刃の下は地獄なり。身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり。」地獄に堕ちた身であれば何でも出来ると高をくくったわけではございませんが、ここに来るまで針の筵。でも喋りだしたらどうしようもないですから。

私という人間が語る資格は少しもございませんが、言霊の原理を創って下さった日本人の大先祖の方々が「そんなこと言わずに喋れよ」と言っているように思います。そんなに頼むなら「喋ってやらぁ」の気持ちで喋らせていただきます。(笑)

先月のお話で、伊耶那岐命が黄泉国へ行ってしまった奥さんの伊邪那美命を追いかけて黄泉国へ行きました。黄泉国は高天原と正反対の物事を自分の外に見ることを主眼とした世界でした。

花を見て「あ、綺麗だな」と・・・主体的な見方は「何故」私はこの花が綺麗と思ったのか、見ている自分(ア)を観る考え方。綺麗と思わせるこの花は「どういう花なのか」、その見られている花(ワ)自体の方を考える、これが客観的な見方です。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

言霊 言霊学講話・良いにつけ悪いにつけ総てを取り上げる

これからお話申し上げる「禊祓」は古神道言霊原理の総結論、この二三千年の間、人類の誰もが予想だにしない、人類の歴史を創っていく手立て、方法を述べている行法です。理論的に考えただけではお分かりにならないかもしれません。

何故かと申しますと、キーワードは「霊葉」(ヒバ:光の言葉)霊は言霊のこと、言霊原理に基づいた言葉のことです。禊祓と申しますのは、人事、外国の文化等を人類文化に引き上げる場合に「良いところだけを取り上げよう」というやり方ではないのです。

今の取捨選択ではなくて、良いにつけ悪いにつけ総てを取り上げる。(摂取不捨)その実体を微々も損なわないように人類文明に引き上げる。そのようなことが出来るのかと思われる人類文明を創っていくやり方なのです。

キーワードの「光の言葉」を今日のお話で私がうまく話せるか、どうか。自信がございません、「どうしたらいいんだろう…どうしたらいいんだろう…」と昨夜遅くまで考えておりました。考えても分からないから「勝手にしやがれ」とふて寝してしまいました。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

言霊 言霊学講話・歴史の創造主

ところが、言霊の原理に照らし合わせた最近の人類一万年の歴史をよく見通しされますと、100%完全で合理的な粛々とした歴史なのです。

自分の心が粛然と言霊の原理通りに動いていると少しずつお分かりになりますと、それと同様に人類の歴史は一つの経綸上、計画の上を一寸の狂いもなく進行している。総てのものが合理的であることがお分かりになります。

そうしますと、今後の地球上の歴史がどのように進んでいくかが一目瞭然です。どんなことが地球上で起ころうと決して驚かない。至極当たり前に受け取ることが出来るようになります。

と同時に、そういう歴史の中に生まれた自分という者が、力ない自分という者が、歴史の進行にちょっとした心がけによって大いに参画できることもお分かりになります。

そして言霊の原理の奥義に触れられましたら、自分がこういう世の中に生まれ合わせたことに誇りを持たれ、世の中に役立つ勉強に接していただきたいと思います。


言霊学講話「創造主」(H16年6月・会報193-01了)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

言霊 言霊学講話・何を信じるか

何を信じるかと言えば、本に書いてある事、私が言った事がその通りに自分の心が動いているかどうか。又、そう思っているかどうかをご自分で確かめていただきたいのです。

これは難しいと思われるでしょうが、一つでも「そうなっている」と発見しますとやたら嬉しくなります。

心ってそういうものだったのかを知りますと、機器のマニュアルは操作方法や手順を解説していますが、それと同じで、言霊の人間の心の動きも同じことを言っていることがお分かりになります。

人間の心は素晴らしい合理性をもって動いている、一遍の齟齬もなく動いている。今の世の中、これは何方もおっしゃることですが、「こんなに暗い世の中にどうしてなってしまったのか」と嘆かれる程、現実に悲惨なことが起こっています。


言霊学講話「創造主」(H16年6月・会報193-01)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

言霊 言霊学講話・自分の心を観る

私の先生はものすごい物知りで「法華経の第何章にこういう言葉がある」というように自由自在に経文や聖書を引用し、「こういうように書いてあるからこうなんだよ」と説明されましたが、法華経の「ほ」の字もしらない私には何が何やらサッパリ分かりませんでした。

知りたければ自分で勉強する以外に方法はございませんでした。私は「この爺さんに分かることなら、私に分からないはずはない」と角川や岩波の宗教本(仏耶儒回教)を買い漁って大回りをしながら勉強させていただきました。

ですから拾った宗教の知識をチョコチョコひけらかすこともございますが、これも先生が「私は坊主でないよ」と言ってくださったお陰と思っております。というわけで、この言霊学は理論的にお分かり下さいましたら終わりではございません。

その理論的に書かれたのが真実であるか、私を信用くださり、言ったことを真実だと思って下さるのは光栄ですが、私のようなヘナチョコを信じず疑うのが正当です。


言霊学講話「創造主」(H16年6月・会報193-01)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

言霊 言霊学講話・精進って何だ

下には風を避けてくれる杉の木立、前には灌木の低い雑木林、ポカポカとお日様が当たり、その先は池があり水鳥が泳いでいる長閑な場所に陣取りまして、三ヶ月通ったことを覚えています。

そこで変わったことも見せてもらいました。それは、禅の「空」って何だ、何だ、と何ヶ月も坐りましたら起こったことですが。

私は「空」とか「南無阿弥陀仏」とかの質問や、家族に対してどんな態度で接すれば良いのかを質問されましたら、言霊の質問と同様に答えさせていただいています。

私の先生との時は言霊学が完成していない時でしたから、先生は言霊学を発掘する方に精力の半分以上を割いておられました。

先生に仏教の教文やキリスト教の聖書、儒教、マホメット教の教義に関して質問しますと、必ず仏教に関しては「私は坊主でないよ、坊主に訊いてくれ」、キリスト教に関しては「私は牧師じゃない、牧師に訊いてくれ」と個々には答えてくれませんでした。


言霊学講話「創造主」(H16年6月・会報193-01)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

言霊 言霊学講話・ひたすら坐る

ところが一年、二年しますとその話を忘れてしまいました。三四年たった頃に先生のお宅にお伺いして勉強を終えて、玄関先で靴紐を結んでましたら、先生が「ところで島田さん、明日から来なくていいですよ。」

ギョッとしまして、何か先生に失礼なことを言ったのだろうか。「何故ですか?」と後ろを振り向きましたら、先生は部屋の向こうで背を向けて答えてくれそうにない。取り付く島もない、これはダメだ、何か理由はあるのだろうけれど、解せない気持ちで家へ帰りました。

家に帰って一服しますと、フッとその三四年前に先生から説明された「ある程度分かったら貴方の責任ですよ」と言われた言葉を思い出しまして、「ああ、そういうことだったのか」と腑に落ちました。

当時、私は筑波山から12qくらいの茨城県の下妻という所に住んでおりました。筑波の山並みを臨む森の中に、昔の言葉で言えば隠遁し、来る日も来る日もお弁当を持って森の中に入りました。


言霊学講話「創造主」(H16年6月・会報193-01)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

言霊 言霊学講話・コトタマノマナビ

本題に入ります前に、私の回顧談になりますが、言霊の学問の存在を知り、初めて私の先生の小笠原孝次先生(O)の自宅へ「言霊の学問をお教え下さい」とお訪ねしたのは、昭和37年の秋頃だと思います。

当時、先生のお宅は東京の大田区、京浜急行「雑色」駅から歩いて五分くらいの所にありました神社の社務所に住まわれていました。午前十時頃だったと記憶します、「私(S)はこういう者ですが、言霊の学問を教えて下さい」とお願いいたしました。

O/「お上がり下さい」、八畳間に通されまして、
  「何か宗教をお遣りになってましたか?」
S/「いいえ、全然宗教はしておりません。」
O/「お話する前に一つだけお断りいたします。この学問は普通の学問ですと理論的に分かったなら卒業です。ですが、この学問は理論的に分かったところから勉強になります。」
  「そういうわけで、私が、貴方がいらした時にお話しして、貴方が理論的に分かるまでは私の責任です。一生懸命喋らせてもらいますが、貴方が理論的に分かった後は貴方の責任です。それをご承知の上でしたらお教えしますよ。」
S/「結構です。お願いします。」

当時は言霊に関する本がございませんでした。勉強するには先生のお宅へお伺いしてお話を聞くしか方法はありませんでしたから、ちょくちょくお伺いすることになったのです。


言霊学講話「創造主」(H16年6月・会報193-01)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

言霊 言霊学講話・禊祓の話が出来たんだ!出来たんだよ!

「何か異様な、外の世界とは全然関係のない会(第三文明会)だな、掌を指すが如くに人類の歴史を説いている、不思議な会があるものだ」と取材した。それを朝日新聞がその取材を取り上げて、それを紹介した。

私は十回以上、この会で何回もお話しさせていただいて、私自身もお話する毎に、太安万侶さんが説いた古事記の言霊を理解し、深め、「我即人類」という立場に立った「禊祓」の話を今回初めてお話することが出来ました。

私も言霊学の奥義である「禊祓の話が出来たんだ!出来たんだよ!」と大空に叫びたい気持ちなのです。

というわけで来月、私の心の中で完結し話をすることが出来るならば、それは、私の意見などどうでもよいことですが、人類の明日に素晴らしい予測を持ってお話をさせていただきたいと思います。


言霊学講話「知訶島」(H16年5月・会報192-04了)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

言霊 言霊学講話・言霊百神

その素晴らしい原理が二千年の闇を通じて、ここにフェニックスの如く蘇ってくる。それは素晴らしいこと!昭和四十何年に私の先生の小笠原孝次氏が古事記の百神を説かれて、「これは言霊の教科書なんだ」ということに気付かれ、「言霊百神」の本を出版しました。

この本のまえがきには「言霊の本が出来た!出来たんだよ!と大空に叫ぶ!」の喜びに満ちた言葉を言祝ぎ、言霊の本を書き出しました。

その本が出る前まで、銀座に「八眞茂登」(やまもと)というレストランで先生は関係者を集めて十回に亘り「天地の初発の時」から「三貴子まで」を名講義しました。その講義が終わって本を出版いたしました。

名前は忘れましたが、ニューヨークタイムスとシカゴ・トリビューン両新聞社の特派員が通訳を連れて来ました。


言霊学講話「知訶島」(H16年5月・会報192-04)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする