2020年08月12日

言霊 大祓祝詞の話(その七)・哲学理論のアイマイさを斬り拂って

この時、天照大神の天津太祝詞音図である十拳剣という完璧な判断力を備えた大船中の大船を、舳先の綱も艫綱も解いて、いよいよ世界人類六十億人を乗せて第三文明時代の大海原に出航させる事となるのです。日本の古歌はこの事を次のように称えております。

 なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな

 彼方(おちかた)の繁木が本を、焼鎌の敏鎌もて、打ち拂(はら)ふ事の如く、遺る罪はあらじと、――
 「彼方の繁木が本」とは並んで生えている木の枝が無数に分かれて茂り、何処が幹でどこが枝だか見当がつかなくなった状態の事です。

茶の木は枝の先の茶の葉を摘み易くするために、枝先を円形に切り揃えます。そのため枝は四方八方に枝を分け、枝と本との区別がつかなくなります。茶の木林などと呼びますが、これは複雑な哲学理論が入り組んで、論と結論の区別がつかない事に譬えられています。

この元も先も分からない枝を、「焼鎌の敏鎌」即ち鋭い鎌でもって、混み合っている枝をバサバサ斬り拂ってしまうように、個人の経験に基づく哲学理論のアイマイさを斬り拂ってスッキリと論・結論をはっきりさせてしまえば、という意味であります。

 高山の末、山の末より、さくなりに落ち、――
 柿本人麻呂特有の美文調に心奪われて読んでしまいますと、その文章に隠された言霊学の意味を見逃し兼ねません。天津太祝詞音図を上下にとった百音図(図参照)の母音は上よりアイエオウ、ウオエイアの十音となります。

上の五音の属する領域が高山、下の五音が短山に属します。その高山の末は言霊ア、短山の末もアです。その言霊アとは天津日嗣天皇(スメラミコト)の座であります。天皇からその慈眼で見る世界人類のすべてを大御宝(おおみたから)または大御 といい、天皇は人類と一体であり、この一体となった時の天皇を御身(おほみま)と呼びます。

 天皇のます座より「さくな垂りに落ち」とはどういう事か、と申しますと、辞書は「さかさ落としに流れ落ちる」とあります。状況だけから解釈すればその通りでありましょうが、これに言霊の意を付け加えますと、「咲く名足りに落つ」となります。

咲くとは心の表面にいっぱい言葉として表現されることです。「な」とは名で、物事の内容を意味します。「垂り」は「足り」の意で「十分に」という事です。「さくな垂りに落ち」全部で「心の内容が十分に言葉として表現されて下に伝えられ」という意味となります。

【収載】百五十九号(平成十三年九月)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。