2020年05月29日

言霊 大祓祝詞の話(その三)・全地は一つの言葉、一つの音のみなりき

 「草(くさ)の片葉(かきは)をも言止めて」の「草」は「種々」(くさぐさ)の意。「片葉」は「書いた言葉」という事。

言霊原理に基づいて作られた神代神名文字ではない概念的思考の文字の事です。また延いては、それ等の文字で綴られた種々の思想の書物でもありましょう。

それらの言葉、文字、思想の一切を人間社会から一掃し、使用を停止させたのでした〔註一参照]。かくて旧約聖書にある如く、「全地は一つの言葉、一つの音のみなりき」(創世記)の精神生命の原理の言葉で統一された世界が誕生したのであります。

 【註一】
かく言うと、現代の読者は、極めて強制的に、また強権的な言語、文字、思想の統制と受け取られるかも知れません。

けれど決してそうではありません。各地域、民族の言語・思想の内容の特徴を見極め、それを摂取して、更に大きな合理的な文化の担い手である言語乃至文明の中に了解の下に統合して行くならば、何の抵抗もなく受け入れられるでありましょう。

または、「一つの言葉、一つの音」とは、各地の言語はそのままに、麻邇の言葉、文字を公式の用にのみ限定して世界の正式の言語として制定した。とも考えられます。

(次号に続く)【収載】百五十四号(平成十三年四月)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。