2019年09月30日

言霊 言霊と世界歴史・その二・創造主である人間とは何ぞや

 前号に於て危機的状況にある二十世紀末の世界の歴史を光輝ある希望と繁栄の二十一世紀に転換する方策はあるのか、を検討するために四つの点について考えて来ました。

そして第一に、歴史とは毎日々々起って来る出来事を単に記述することではなく、その出来事の原因・結果・意図した目的・周囲の状況・その影響等々、また連続する多くの出来事の底を流れる時代精神等複雑な問題も視野に入れなければならない事が分りました。

更にそれ等の記述は書く人の経験知識の相違によって全く正反対の歴史が主張される可能性がある事も分って来ました。

 第二に、歴史を書く人の経験知識によって記述された歴史そのものが違って来る事から、歴史を創って行く人間、そしてそれを記述する人間とはそも何であるかが検討されました。

偏った歴史観は偏った経験知識から来るのであり、そのために「人間とは何ぞや」の問題を余すことなく解明した言霊学によって初めて真実の歴史が提供される事が確かめられました。

(次号に続く)【収載】第百十二号(平成九年十月)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☁| Comment(2) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コトタマ学の本をほしいのですが、どうしたら買えますか?
Posted by 西田忠弘 at 2019年09月30日 18:07
西田忠宏さま

お問い合わせをありがとうございます。
当ブログメニュー下部に「島田正路著 既刊書紹介」でご案内させていただいております。
お申し込み要項等々ご不明な点がございましたら言霊の会事務局(futomani@gmail.com)までお問い合わせいただけましたら幸いです。
よろしくお願い申し上げます。
Posted by コトタマノマナビ管理人 at 2019年10月01日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。