2018年06月06日

言霊 布斗麻邇講座・組んで似せた

先天の十七のコトタマが活動して「ああだ、こうだ」の現象を現出いたします。一つ一つの出て来た単位の言葉のことを「国が出来た」と申します。

「タ」を発音する宇宙全体の中で「タ」と名付けられる総てが言霊タと申します。ここが難しい所かもしれません、宇宙で「タ」と名付けなければならないものの総てを言霊タと申します。

そういうことから、一つ一つは人間の心を組んで似せる、「タ」と名付けるものに似せているところから国と申します。これから推して日本の国とかアメリカの国とか北朝鮮の国とかの「国」になっていきます。

ということは日本の国と言えば、これくらいの国土の上に、こういう性質を持った民族が住んでいる、他の国とは区別するためにんでせた。住んでいる所からすれば「島」、淤能碁呂島、締めてまとめる。

言霊・布斗麻邇「おのごろ島」(H18年10月・会報221-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。