2018年02月09日

言霊 布斗麻邇講座・行動は心の現われ

世間で起こること、新聞の色んな解説、TVであぁでも、こぅでもない、十人集まったから物事の実相が分かるわけではないのです。それじゃ、百人集まればもっと分かるか、だんだん分からなくなる。

一番いいのはアの眼を持った、視点を持った人間が一人居れば完全に分かる。実相という意味がよく分かってまいりますから、耳で聞いたことを頭に残しておいて下さって、現実に「チ」が動いた時に、ある場合にハッと判りますから。それを心がけて頂くと大変面白いことになると思います。

「チ」という父韻が分かりますと、人が「チ」の行動を起こしたことを立ち所に分かります。「チ」を自覚した人が課長だとおっかない。この野郎、この人、この社員はやる気があるのか、「ハイ!」と立ち上がる所作だけで、当てになるのか、ならないのか。

「チ」ですから、何か起こるのか、自分が全身全霊を傾けているか、いないか、バッと分かる。そうじゃない人は、イヤだからイヤイヤながらしているのか、これは一つの例です。

布斗麻邇講座「父韻チイ」(H18年7月・会報218-2)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。