2017年08月01日

言霊 布斗麻邇講座・古事記と日本書紀

先月まで去年の春から十何回に渡ってコトタマ学と日本と世界の歴史とその将来のお話をして完了いたしました。初心に返り、五回目になりますから初回から講座に来られている方は耳タコであろうと。

ただ人間と申しますのは生きておりますと、いくら私のようなボンクラでも多少変わってまいります。その変わってきたところを参考にされますと、又新たな発見もあるかもしれません。

というわけで天地の初発の時からの古事記のお話に移ります。初めて来られた方に古事記と日本書紀からどうしてコトタマ学(原理)が出てくるのか、少しお話をさせていただき、それから本論に入らせていただきます。

このお話で今日は終わってしまうかもしれません。ただ今までお話しなかったことをお伝えすることになりますので時間を十分にとってお話させていただきます。

布斗麻邇講座「古事記と日本書紀」(H18年4月・会報215-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。