2017年07月13日

言霊 言霊学講話・絶対命令、至上命令を発する言葉

 絶対命令、至上命令を発する時は、「こうしなさいよ、こうすればスラスラと行く、「こうしなければうまくいかない」、その境目をピシッと決める言葉。始めから終わりに渡す言葉。

 「こうすれば、こうなりますから、こうおやりになさいまし」と言った時に、「何言ってるんだ、俺は嫌だ」と言ったら将来はない。威張って言っているわけではないのです。威張る人にはそう言う言葉は出て来ません。自分は価値がない、人間として芥子粒みたいな人間だと思っている人に言う言葉です。

 神様に菜っ葉や魚をお供えしますが、魚のことを昔「な」と言った、岩魚をイワナ、鯨を伊耶魚と言った。その「な」は神名のこと。私から島田正路という名前を無くしてしまったら何も出来ない。絶対的な真理の名ですから、万物に神名を付けることは世界の文明を創っていくということになります。

 阿曇の連と綿津見の神と宇都志日金拆の命の関係がお分かりになったと思います。「言霊の原理が復活し、それに則り、世界文明を創る世の中が来た時には、実際にそういうようなメカニズムで世界文明が広がっていきますよ」ということを太安万侶さんが親切で書いた挿入行です。


言霊学講話「三貴子の誕生」(H16年7月・会報194-01了)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック