2017年05月15日

言霊 言霊学講話・音子と音名

その建御雷の後に「…男の神」という「男」が付いています。これを男女で分けますと主体の方、主客どちらが偉いのかではなく、主体を男(音の子)、客体を女(音の名)、「男」ですから主体側の真理と古事記は理っている。

ですから、それを黄泉国なり自分以外に適用したら、それが真理として通用するか、どうか、今後の話ですよということを、この「建御雷の男の神」という神様の名前で匂わしている。

これから始まる「禊祓」は、主体的な真理が客体側の何時何処で適用しても真理として使えるか、使えないかと言う実験なのです。黄泉国と禊祓の章でいよいよその実験を証明しようと太安万侶さんはしているのです。

黄泉国の客観的な物の研究の領域へ行ってしまった伊耶那美命を、主人である、夫である伊耶那岐命は追いかけていきます。そうしますと客観的な物質世界は今から数千年前に始まったばかりの未発達、地についたばかりの騒がしさ。


言霊学講話「知訶島」(H16年5月・会報192-04)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449582822
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック