2017年05月10日

言霊 言霊学講話・イの境地を自覚する

何故、このように細かくしっかりと区別してお話出来るかと申しますと、これからお話する「禊祓」の本番、言霊の動きによって「禊祓」の行を五十の言霊が自由に踊って素晴らしい人間の現象を生み出していく前説になります。

「帰ったらカレーライスでも食いたいな」と思った、それはどういうことでそう思ったのか。言霊が物凄い勢いで頭の中でクルクル活動し、それらを全部意識して、人間の生命を直視する時にだけ出来ることです。

言霊の先天活動として母音で表せる人間の魂の故郷。尊厳、つまり宇宙。宇宙のイ段は母音であると同時に人間の知性である父韻の働きである性能、いわゆる、大自然の性能と同時に人間の知性の根源でもある。

そして、イの境地を自覚しますと大自然であると同時に宇宙を創造する役目をいたします。宇宙の創造神を想像した時、あちこちに動き回っているかと言えば、ジーッと坐っていながらに総てのことを知ることが出来る。


言霊学講話「知訶島」(H16年5月・会報192-04)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック