2017年04月15日

言霊 言霊学講話・十拳剣(トツカノツルギ)

これを何千年も前に日本人の祖先として、父の名として「イ字本不生」。人間の最高の魂の存在であるイの次元、宇宙の働きとして「チイキミシリヒニ」の八父韻。

このお父さんの存在を二千年前に神倭王朝第十代崇神天皇が隠してしまいました。何処に隠したか、伊勢神宮の本殿にある八咫の鏡として隠してしまいました。八父韻を表わす八咫の鏡は八角形をしています。

八咫の鏡である太祝詞音図は八父韻の両側に母音と半母音がありますことから十拳剣、拳を十連ねた剣として言い表しています。

父韻はイ段にありますので一番上の、伊勢神宮の内宮本殿の屋根に鰹木(数招き)が十並んでいます。「招き」(おき)は、招待、こっちへ来いよ、来いよ、手へんに召す。伊勢神宮の本殿に十本、外宮は九本(九拳剣)、この数の違いは本に書いてございますので、疑問に思われましたらお読み下さい。


言霊学講話「禊祓」(H16年5月・会報192-0了)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック