2017年03月17日

言霊 言霊学講話・言霊の働き

頭で「こっちから磨こうか、あっちから磨こうか」の発想をする時に、「こっちから磨こうか」は言葉です。言葉になる前の動き、言葉にして自分が了解して行くのも言葉。意識にない言霊の動き。これも実際には言葉ですが、この言葉を天名(アナ)と申します。

天名が活動して、どういうように言ったら自分も納得し、相手も納得してもらえるか、発想したものがどういうアイデアなのか(タトヨツテヤユエケメ)、どういう言葉で綴り言えばいいのか(クムスルソセホヘ)を選り分けする。

出た言葉は神名(カナ)。空中に飛んで(フモハヌ)自分乃至他人の耳に入る。「あいつは何を言ったのか、どういう意図で言ったのか」(ラサロレノネ)を探り、何度も反芻しながら(カマ)、「こういうことを言っているんだな」(ナ)、「そうだ」と了解し、出来事(コ)の一巡が終わる。

先天の天名が十七言霊(ウアワオエヲヱチキヒシイリミニイヰ)、後天の未鳴(タトヨツテヤユエケメクムスルソセホヘ)・神名(フモハヌ)・真名(ラサロレノネカマナコ)が三十二言霊、これらの言霊の働きで人間は総てのことをまかなっております。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-04)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447867612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック