2017年03月07日

言霊 言霊学講話・幸いなるかな心貧しき者、天国はその人のものなり

至極ごもっともだなと、それだけ世の中を観ている人ですから。そうやって予言はしたけど誰もやらない。予言した仏教徒は必ず時が来れば良い世の中にするために猛然と働き出すであろうと、そのように仏教に書いてあります、でも、ない、キリスト教然り。

マホメッド教はどうか、毛色が変わっているからちょっとは違うかなと思いましたが、世界のことを考える暇なんてないくらい、日本の国が五十年前にやった自爆を聖戦と名を打って戦争ばかり、可哀想に。

そういったことから、予言されていることが嘘と思える。戦いに次ぐ戦い、アメリカに対抗するソビエトが崩壊したからこれで戦争は終わるのかと思ったら、小さい国々が原爆を持ちだした。

ところが、イという段階で目を据えて見ますと、そういった紛争も、日本では年間三万人からの自殺者が出ているのも、気の毒の極みですが、これから始まろうとしている人類の第三文明時代の素晴らしさから考えますと、そういう悲惨なことを償って余りある天国が出来上がる寸前です。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-03)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック