2020年06月22日

言霊 大祓祝詞の話(その四)・性犯罪

 己が子犯せる罪、母と子と犯せる罪、子と母と犯せる罪 ──
 この様な近親相姦の罪について大祓はただ四つの事柄を続けて挙げているに過ぎませんが、旧約聖書には詳しく説明されています。その一部を載せます。
汝等凡(すべ)てその骨肉の親(しん)に近づきて之と淫するなかれ我はエホバなり 汝の母と淫するなかれ是汝の父を辱しむるなればなり彼は汝の母なれば汝これと淫するなかれ 汝の父の妻と淫するなかれ是汝の父を辱しむるなればなり...…(利未記十八章六〜八)

この説明から直ちにギリシャ神話のエヂプス・コンプレックスを思い出す方もありましょう。

 畜犯せる罪 ── ケモノオカセルツミ
 大祓のこの罪を利未記には
汝獣畜(けもの)と交合して之によりて己が身を汚すこと勿れまた女たる者は獣畜の前に立て之と接(まじわ)ること勿れ是憎むべき事なり」(十八章二三)「男子(をとこ)もし獣畜と交合しなばかならず誅(ころ)さるべし汝らまたその獣畜(けもの)を殺すべし婦人(をんな)もし獣畜に近づきこれと交(まじは)らばその婦人と獣畜を殺すべし是等はともに必ず誅さるべしその血は自己に帰せん(二十章十五〜十六)

(次号に続く)【収載】百五十五号(平成十三年五月)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする