2020年06月18日

言霊 大祓祝詞の話(その四)・実相を定める八父韻の働きを無視、バラバラにする

 逆剥 ── サカハギ
 逆剥は性(さか)剥ぎであります。性(さが)とは現象の実相を決める八父舗の働きの事です。

逆剥とはこの八つの父韻の並びの中から一つ乃至二つのものを無視・抹殺する罪のことであります。例えば信仰行為に於いて、タカラサナヤマと並ぶ父韻の並びの中から、信仰に於いて最も必要である筈の主体性の確立を表わす言霊タの自覚を抹殺し、教祖の教えをそのまま暗記させ、教団の利益にのみ奉仕させるよう洗脳する行為等がそれに当りましよう。

最近の宗教団体による詐欺行為などはその典型であります。また近年の教育にみられる「偏差値」による受験勉強なども逆刺ぎの傾向が十分窺えます。双方共、信仰または教育の真の目的を成就する手順の中の何らかを無視した事の結果であります。

 屎戸 ── クソド
 古事記神話に「大嘗聞こしめす殿に屎まき散らし」とあります。屎(くそ)とは組(く)む素(そ)で五十音図表を構成しているそれぞれの言霊のこと。五十音図の縦横の並びの順序の如何を考えず、バラバラにして播き散らしてしまう罪であります。

須佐男命が高天原に於ける天照大神と月読命との三貴子の協調体制から離脱し、高天原の精神構造を表わす天津太祝詞音図の組織をバラバラにして、自らが求めようとしている物質世界の法則を探ろうとして、その構成に躍起となった様子、即ち「須佐男命、依さしたまへる国を知らさずて、八拳須心前に至るまで啼きいさちき」がこの罪に当ります。

(次号に続く)【収載】百五十五号(平成十三年五月)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする