2020年06月08日

言霊 大祓祝詞の話(その三)・数霊

 「天の御蔭、日の御蔭と隠りまして」の「天の御蔭」は言霊、「日の御蔭」は数霊(かずたま)と考えるとよく理解できます。

「隠りまして」とは「書き繰る」(かきくる)の謎であります。
五十音言霊は伊勢五十鈴宮にお祭りしてあります。その五十音言霊を操作する方法五十は、奈良の石上(五十神)神宮の数霊の作用を示す「日文(一二三)」(ひふみ)として祭られています。

祝詞の序文にありますように「天の御蔭」は「比礼挂くる伴男」の役職であり、「日の御蔭」は「手襁挂くる伴男」の役目となります。五十音言霊を整理・運用する操作の動きが数霊(かずたま)という事なのです。

 また、次の様にも言う事が出来ましょう。天の御蔭、日の御蔭の陰を影と書けば「光り」のこととなります。

すると、天の光は言霊、言霊は霊(ひ)でありますから、言霊の動きは「霊駆り」(ひかり)で、霊の動き、即ち日の御蔭となります。「天の御蔭、日の御蔭と隠りまして」とは「言霊と数霊とを書き繰って」の意となります。

(次号に続く)【収載】百五十四号(平成十三年四月)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする