2018年01月21日

言霊 布斗麻邇講座・アオウエ四智は他に働きかけない

どういうことか、母音というものはそれだけでもって心の宇宙を占めていて、その占めているものが他のものに頼って存在を表わしているのではありません。そのもの自体だけで宇宙を占領しているものです、という意味。(独神)

5_bo-on.pngということは、身を隠したまひきとは、現象にはならないで先天構造のものです。言葉をもっと改めますと母音だけ。母音は厳然として宇宙を占拠しているけれど、他に働きかけて何かするということは決してないという意味にもとれます。

七つの母音と半母音が出てきて、その母音半母音は他に働きかけることはない。では、子音はどうやって出てくるのか、まったく分からないことになります。それは八つの神様で示されるコトタマの父韻というもの。

読み方は、母音(ぼおん)、父韻(ふいん)、子音(しおん)、親音(しんおん)、父韻だけ「いん」とお読み下さい。統一しませんと聞いて分からないといけませんので。

布斗麻邇講座「ビカとゴロ」(H18年7月・会報218-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

言霊 布斗麻邇講座・古事記と書いてコジツケと読む

解釈する時は伊耶那岐神、妹伊耶那美神を次の行に移して、改行して書くべきところなんですが、太安万侶さんに文句を言うわけではないですが、たぶらかそうとしてもそうはいかないよ。(笑)

太安万侶さんという人は本当にユニークでユーモアの長けた素晴らしい頭脳の人だったんだろうと、読んでいく内に予想されます。少なくとも私のような唐変木では書けない騙かし方、見事に千三百年も騙し続けた。大変な力量の持ち主だったのだろうと。

この八つの神様は八つの父韻を指示する名前なのです。次には「八つの父韻があるのだよ」と指月の指。一つ一つ説明をしてまいります。それには過去三回お話してきました父韻をもう一度確かめておく必要があるのです。

父韻と申しますと、その前の古事記の文章にありますように、最後に「独神になりまして身を隠したまひき」とズーッと同じことが書いております。

布斗麻邇講座「ビカとゴロ」(H18年7月・会報218-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

言霊 布斗麻邇講座・次に

次に成りませる神の名は、宇比地邇(うひぢに)の神。次に妹須比智邇(いもすいちぢに)の神。次に角杙(つのぐひ)の神。次に妹生杙(いもいくぐひ)の神。次に意富斗能地(おほとのべぢ)の神。次に妹大斗乃弁(いもおほとのべ)の神。次に於母陀流(おもだる)の神。次に妹阿夜訶志古泥(いもあやかしこね)の神。

古事記の文章は、次に伊耶那岐神、次に妹伊耶那美神と続きますが、今、読んだ八人の神様と伊耶那岐、伊耶那美の二神とは同類の神様とは全然、格を異にする神様ですので、ここでもって文章を切って下さい。

ですが、ここで切ってしまいますと千三百年経つ前に気付かれてしまうのではないかな、太安万侶さんが盲にしたとしか考えられない程たぶらかした。

次に、次に、妹も一つおきに出てまいりますので、「次に伊耶那岐神、次に妹伊耶那美神」と言うと、さもこの十神を同じようにとらえられるかもしれません。又は、とられるだろうということを承知の上で続けたのだろうと思います。

布斗麻邇講座「ビカとゴロ」(H18年7月・会報218-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

言霊 布斗麻邇講座・俳句の神髄

そうしましたら悠久の時間と宇宙にポチャンポチャンポチャンと広がる響きと、悠久は時間、宇宙に広がる響きは空間とが、ただ一匹の蛙が古池に飛び込んだ一点の動きが、それだけの悠久と時間に繋がる十七文字だけで以て見事に表現している。

「古池や蛙飛び込む水の音」というのは何十年、何百年、何千年経っても俳句のバイブルとして残るであろうと思われています。このバイブルの俳句を芭蕉さんが作った時、芭蕉さんの心の奥にバァーっと光が差して、静かな々々々感激が芭蕉さんを包んだとある小説家は表現している。

素晴らしい歴史的な一瞬だったと思います。俳句という純日本的なものは、コトタマの精神構造をまったく写し取ったような作品なんです。

四つの母音と三つの半母音が出てきます。その次に八つの神様が出てまいります。これ等の神様の名前がヘンテコで何を言っているのかサッパリ分かりません。ちょっと読みます。

布斗麻邇講座「ビカとゴロ」(H18年7月・会報218-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

言霊 布斗麻邇講座・神鳴り

前回までの講習会で母音と半母音のお話しをいたしました。母音はウアエオ、半母音はワヲヱ、全部で七つ(ウは重複のため)。昔の人は言葉のことを雷(神鳴り)と言いました。冗談で申し上げたのではなく事実です。

頭の中でピカピカっと光る、そうしますと音がゴロゴロっと出てくる。それで言葉のことを神鳴りと説明しました。ピカピカっと何が光るか、コトタマが光る。十七のコトタマが活動する(先天)とゴロゴロっと言葉が出て来る(後天)。

何でもないようで、ここに厳然とした法則がございまして、その法則をアの段階で捉えたのが芭蕉さんの俳句、十七の音で作られております。「古池や蛙飛び込む水の音」光景を考えれば何という事はない。

子供騙しのような「古池に蛙が飛び込んでポチャンと音がした」というだけの句。ところが五七五の韻を踏んで十七文字を読みますと、何だか深遠な感じが出て来る。何百年、何千年前の古い池の中に蛙が一匹飛び込んでポチャンと音がした。

布斗麻邇講座「ビカとゴロ」(H18年7月・会報218-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

言霊 布斗麻邇講座・自未得度先度他

石上神宮に伝わる古歌が「そういう意味だったんだな」と先生は東洋出版社から昭和44年に言霊の本(言霊百神)を初めてこの世の中に出しました。それ以来、一人二人と増えてコトタマが伝わるようになりました。

先生がお亡くなりになって二十四年、今はこうやって大勢の方がコトタマの講義を聞きに来てくださいます。私の先生の時はどんなに大雄弁を奮っても終わったら去って行きました。

あまり雄弁なので呆気にとられて意味が分からない。ただ、座って帰ってしまう。先生が亡くなる前に私を呼んで「弟子くらいあてになんないものはない」って(笑)、私のことを言われたのかなと、それじゃ仕方がないかなと。

そうしましたら「私が死んだら貴方の自由に喋って下さい。」何だかこちらが弄ばれたみたいで。それくらい千変万化な人、お陰さまで私のようなボンクラがコトタマ学を喋らせていただくようになりました。

布斗麻邇講座「経験知と実践知」(H18年6月・会報217-5了)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

言霊 布斗麻邇講座・言霊百神

太安万侶さんが代わって書いてくれればいいですが、自分で書かないとならない。自分考えではとても考えられるものではないですから「これじゃない、これじゃない」精魂尽きると「こうだよ」と教えてくれる。

精魂尽きると心が真っさらになりますでしょ。そうしますと千三百年前の太安万侶さんが出てきて「こうだよ」と教えてくれる。

だから私の先生が初めて言霊の本を世の中に出された時の端書には「言霊の本が出来た、出来たんだよと大空に向かって叫ぶ!」千三百年の空間を経て私の先生が初めて言霊の本を完成させた。千三百年前の日本人に「出来たよ、もう出来たよ!」と叫んだ。

「みたまあがり、去にませし神は今ぞ来ませる。魂箱もちて去りたるみたま、魂返しなせそ。」三千年前に魂箱であるコトタマの原理を持って天に帰ってしまった神様、いよいよこういうように出てきたのだから、もう再び天に帰りなさるなよ。

布斗麻邇講座「経験知と実践知」(H18年6月・会報217-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

言霊 布斗麻邇講座・小笠原先生

私が初めてお会いした時にこの人が言霊の先生なのか!「やっと夫婦が落ち着く場所が見つかりました」と喜ばれたのは六畳一間のアパート、トイレも外、ここで一生を終えられた。

私も自慢じゃないですが、一銭も持っておりませんでしたから、最初にお会いした時に「先生、ごめんなさい、何も持ってこなくて。」「私もそうでしたから結構ですよ」と仰ってくださいました。私はいつもこの人にはとてもかなわないと思って頭下げっぱなしの侭、先生はお亡くなりになりましたけど。

何しろこの古事記の文章から私が今申し上げていることを「こうですよ」と解明なされた方なんです。どれくらいの苦労をなさったか分からない。

分からなくなって、もう私なんかがする仕事ではないのかなと絶望にひしがれてフッと目を開けてみると十人くらい白い服を着たお爺さんに周りを囲まれて「分からなければ筆を持て」と言われて不思議と書けた、誰にも訊くことが出来ない。

布斗麻邇講座「経験知と実践知」(H18年6月・会報217-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

言霊 布斗麻邇講座・どうにもならないことがうーんと役に立つ時が来る

人間が人類がこういう経験をしてある大きなことに気がついてくる時に、どうにもならない世の中の経験がウーンと役に立つ時が来るのですから。ということを知らせることが出来る神様でないと恥ずかしくって仕様がないじゃないですか。

ということから神前にお祀りしてしまって隠れてしまったということです。でも、あまり人に話さない方がよろしいかと、神社やお坊さんから怒鳴られてしまいますから。

よくお話しいたしますが、私の先生は「よく見れば弥陀が私に手を合わす南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏」という俳句を和尚さんにみせたら「お前は悪魔だ、もうお寺に来てくれるな」と言われた。

これは真理です、私の先生みたいにひたすら謙虚で、誰よりも自分は下だ、自分という人間は人間じゃない、人でなしの張本人みたいなものだ、だから一生懸命、皇祖皇宗にご奉仕し、お役に立ちたいと思って、どんな苦労も厭わずに勉強されてきました。だからこそ、古事記の80%まで自分一人で解明されました。

布斗麻邇講座「経験知と実践知」(H18年6月・会報217-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

言霊 布斗麻邇講座・神様はいない

コトタマが現れる前祓いとしておなおさんが出てきたということがよく分かります。ですから言霊殿というお宮が綾部の大本教にある。

前世紀、西暦1900年から2000年迄に建った木造建築としては最大の建造物で、檜の欅で作られておりますから荘厳な御神殿。何方でも「どうぞ、どうぞ、誰もおりませんが神様の前まで」ということで御簾が垂れ下がっておりましたが、捲りあげて神前まで寄りました。

神様はいるかな?大本教に怒られてしまうけど、いないから悪口を言ってもいいか、霊は困るけど「いない」。何処の神社にも神様はいません。いよいよ出番だな、天の神様は出る準備をしている。国の神様は神無月に出雲へ行ったきりそこで缶詰になって、神様はいない。

宗教の人には申し訳ないですが、この日本の現状を見たら恥ずかしくって顔も上げられない。顔を上げられるとしたら、この現状を見ても「これでいいんですよ、計画通りなんですよ。」

布斗麻邇講座「経験知と実践知」(H18年6月・会報217-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

言霊 布斗麻邇講座・炒り豆に花の咲く時現れる

国之常立神、国家社会を恒常に成立させる力の宇宙、それを持ち上げようとしても持ち上げられません。何処まで本当で何処まで噓か分かりませんが。おなおさんを動かしようがないので釈放した、そういう言い伝えが遺っています。

だから大本教では豆まきの「鬼は外、福は内」をしない。昔、国之常立神は正しいことを云う神様でしたから、大勢の神様が艮(うしとら)の方向へ押し込めてしめ縄を張ってしまう。「あれは鬼だ、鬼だ」ということで鬼は外。

「福は内」は「腹霊」、お腹が空いたら何か食いてえ、何かをしたい、したいと言う霊、欲望の霊、これが世の中を占めていた。しめ縄に押し込められる時に「炒り豆に花の咲く時現れる」と言って艮の方向へ隠れてしまった神様だそうです。

おなおさんの炒った大豆の種に花が咲いた伝説があるそうです。あまりよく煮えてなかったのではないかと。(笑)だから国之常立神が神懸かったということです。出口なおさんのお筆先の主な所を読んでみますとコトタマのことがズーッと書いてある。

布斗麻邇講座「経験知と実践知」(H18年6月・会報217-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

言霊 布斗麻邇講座・豊葦原瑞穂国(十四アシはらの水火のくに)

日本のことを昔、豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)の豊も「十四」です。瑞穂から水、湖や沼地がたくさんあって、其処にお米がたくさん生った国なんだろうと、それは大間違い。今の学者さんはそう言いますが、そうではございません。

sugaso14.png十四の先天構造から生まれた葦原(アシはら)「アシ」のアは天津菅麻音図(はら)のイ段の父韻の並びが「シ」で終わります、襷(たすき)をかけることにより、此処から此処まで。アシの五十音図が瑞穂(水火)陰陽に渡って働く国、つまり百音図のことです。

国之常立神が言霊エ、豊雲野神が言霊ヱ。国之常立神は道徳的な分野を考え、実行する宇宙ということになります。

出口なおさんの国之常立神の神懸かりが、当時の明治政府を批判するお筆先でしたので警察が来て「とんでもない婆さんだ」と牢屋に入れようとすると動かない。

「連れていきたければ背負っていっておくれ。」「何を不埒なことをぬかす!」男二人が抱え込んで手足を掴んで持ち上げようとしましたが、盤石のごとく動かないので腰を抜かしてしまった、そんなお話が遺っております。

布斗麻邇講座「経験知と実践知」(H18年6月・会報217-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

言霊 布斗麻邇講座・実践知

「次に成りませる神の名は、国之常立(クニノトコタチ)の神。次に豊雲野(トヨクモノ)の神。この二柱の神も、独神に成りまして、身を隠したまひき。」

ここまで母音半母音がイヰを除いて出尽くしたことになります。

国之常立(クニノトコタチ)の神は母音の「エ」、国家、社会を恒常に、永遠に成立させる根本原理の宇宙。言霊エでございます。

次に豊雲野の神、半母音の「ヱ」、どうして豊雲野がヱになるか、今お話ししてもお分かりになるかどうか。豊は十四(とよ)、先天言霊十七の内、構造的に見てみますと十四の言霊を説明すれば全部が分かりますので、後は説明せずとも当然分かるようになるので十七の先天構造を十四(豊)と申します。

豊(十四)の言霊を組んで(雲)、原理を表わす領域、十四の言霊を組んで、その働きの根本原理を表わす領域の宇宙。何故「十四」なのか、それは父韻を説明した後でないと何のことか聞いていても分かりませんので、ただ「十四」を表わしているということだけ覚えておいて下さい。

布斗麻邇講座「経験知と実践知」(H18年6月・会報217-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

言霊 布斗麻邇講座・経験知

その次に出てくるのが天之常立神(アメノトコタチノカミ)、さっき私が申し上げました数霊、3乃至6の考え方の張本人。大自然が恒常に成り立つ根本法則の宇宙。

コトタマの言葉で訳しますと、大自然が永遠に、常に成立させ得る根本の原理を内蔵している宇宙。ここから社会的に出てきますのが物質科学の働きのことでございます。

宇麻志阿斯訶備比古遅(ウマシアシカビヒコヂ)と申しますのは科学方程式、科学の原理、歴史の原理でもあります。過去に起こったことを言霊オという性能で以て、今にあるが如くに思い覚まして、そこから出てくる色んな過去の経験の間に関連する法則を求める働き。

分かった法則が蓄積されている所を宇麻志阿斯訶備比古遅(ウマシアシカビヒコヂ)神の宇宙(言霊ヲ)と申します。
次に天(あめ)の常立(とこたち)の神。この二柱の神もみな独神(ひとりがみ)に成りまして、身(み)を隠(かく)したまひき。

この二柱の神も「独神」、それぞれの宇宙として独立していて、他に依存することなく、厳然と実在する宇宙であって、しかも、先天構造を構成する宇宙であり、決して自分そのものは現象として現れ出ることがないものなんですよ、という訳でございます。

布斗麻邇講座「経験知と実践知」(H18年6月・会報217-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

言霊 布斗麻邇講座・必要あれば三千年でも五千年前の考えが出てくる

処に人類始まって以来の経験知が全部、言霊ヲに溜まっております。必要ならば何でも出てきます。ただ必要がないから、自分が生まれた時から今までのことくらいしか思い出しませんが。必要であれば三千年でも五千年前の考えが出てきます。

京都の綾部という所に大本教という宗教がございます。その教祖である出口なおさんという方は学校へ行ったこともなく、自分の名前も書けない方だったそうです。その方がある時、神懸かりになりまして、お側の人に「紙と筆を持ってきて下さいよ」と、このオバサン、何を書くのかと、自分の名前も書けない人がサラサラと名文を書き出した。

「三千世界一度に開く梅の花、梅で開いて松で治める神の国が来るぞ。今の世は獣の世であるぞ。」そういう神懸かりを三千数枚にわたって半紙に書いた。総て神代のことが分からないと書けない、神懸かりの名文章を書いた。おなおさんに憑いていた神様は国之常立神という神様で、次の次に言霊エとして出てきます。

一万年前に国之常立天皇という名前を太安万侶さんがススッ持ってきて、神様に祭り上げて神様の名前にしてしまって作り出した。そんな神様はいない。

布斗麻邇講座「思うと考える」(H18年6月・会報217-4了)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

言霊 布斗麻邇講座・果てしなく出てくる考え

皆さんだってこういう経験はお有りだと思います。「もう、どうでもいい、明日は明日の風が吹く」って寝て、翌朝に顔でも洗ってる時に「あっ、何てことない、私が経験したことをそのまま喋ればいいんだ」って腹くくるとスラスラと喋ることが出来る。

結婚式の祝辞も初めて人前で喋るとなるとなかなか喋れるものではありません。腹くくればうまく喋れます。「腹くくる」ってどういうことか、自分はどう思われてもいいや、自分が最低の人間になることを「腹くくる」と言います。そうしますと、何を言われても当たり前です。

出来ないものを出来ないと言って何が悪い。金儲けして何が悪い、金儲けが自分の務めだと思っている人は金を儲けたというのは当たり前じゃないかと、それと同じ。

その果てしなく出てくる考え、もう止めようとしても出てくる、それを宇麻志阿斯訶備比古遅(うましあしかびひこぢ)の神と申します。これは今までの貯めといた経験知識が貯めてあるお蔵の宇宙、言霊ヲでございます。

布斗麻邇講座「思うと考える」(H18年6月・会報217-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

言霊 布斗麻邇講座・何処が始めで何処が終わりか果てしなく出てくる心の内容

葦をご存知ですか?簾にしたり、葦簀にしたり、葦を栽培している湖で良いものを採ろうとして、秋には虫が付いたりするので翌年に良いものが採れませんから刈ってしまう。葦の根っこは何処からへどうなってサッパリ分からない程、ワサワサ出てくることを言っている。

巧妙な葦の芽が男の子のように活発に出てくる。比古遅は男の子を美しく飾った言葉。女は活発じゃないのかと反論するかもしれませんが。概して男の子の方が今でも活発ですから。そういうような形容を使っていますけど、こういう神様。

霊妙にも葦のカビがブツブツ萌えい出てくるもの、と言うと何を想像しますか?私は直ぐ「明日、講習会があるけど何を喋っていいかまったく分からない。」そういう時があった十年前くらいに初めてこの講義をしようとした時。なんせ喋ったことがないのですから。

小笠原先生は「私の喋ったことは思いつくことの侭、喋ってくれればいい」と言われましたけど、思いつく侭と言われても最初に喋るのですから。夜寝ても眠れなくて、ウマシアシカビヒコヂですよ。いろんな考えが、出ては消え、出ては消え、何処が始めで何処が終わりか果てしなく出てくる。

布斗麻邇講座「思うと考える」(H18年6月・会報217-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

言霊 布斗麻邇講座・暗くて何んだか判らない

水母(くらげ)なす漂(ただよ)える時に・・・この水母(くらげ)、これは呪示でして暗気、暗くて見ても何だか判らないような状態に漂っている時に、生まれでてくる神様は。

葦牙(あしかび)のごと萌え謄(あが)る物に因りて成りませる神の名(みな)は、宇麻志阿斯訶備比古遅(うましあしかびひこぢ)の神・・・アとワの時はアが先に出てきましたけど、半母音側のヲが先に出てまいります、この神名が宇麻志阿斯訶備比古遅の神。

天の常立神が言霊「オ」でして、宇麻志阿斯訶備比古遅の神は言霊「ヲ」ですからお間違えのないように。「うましあしかびひこぢ」とすごく難しい神名ですが、あまり神妙に書いてしまいますとすぐに分かってしまいますので、苦労したのだろうと思います。

分からないように、でも、時が来れば分かるように太安万侶さんが苦心をした神名です。宇麻志(うまし)の漢字に何も意味はございません。上手く、霊妙に、巧妙に、阿斯訶備(あしかび)は名詞、昔は芽のことを「かび」と申しました、葦の芽。

布斗麻邇講座「思うと考える」(H18年6月・会報217-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

言霊 布斗麻邇講座・今此処の脳の働き

市販の古事記の本に注釈がたくさん書いてございます。解釈した学者の考え方が。参考としてお読みくださるのは結構ですが、根本的に解釈が違うのですから、これをお読みになってもまったく参考になりませんので、そのことをご承知おき下さって読んで下さいませ。

何故なら大昔の人間の外側にある、このものすごい広い宇宙が、なんとなく始まろうとしていることを言っていると思って書いてますから。

そうではなくて「今此処」、文明が進んだ「今此処」でも人間の頭の働きというのは、何にもない所からウが生まれてきてアとワの客体に判れ、そこから色んな考えがワサワサ出てくる。その脳の働きのメカニズムを言霊で以て証明しようとしていますので。

浮かべる脂(あぶら)の如くして・・・水の上に油を垂らすと広がりますが漂います、一定の形を成しておりません。そのように不安定であってという意味です。

布斗麻邇講座「思うと考える」(H18年6月・会報217-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

言霊 布斗麻邇講座・言葉を組んで似せる

次に国稚(くにわか)くして、浮かべる脂(あぶら)の如くして水母(くらげ)なす漂(ただよ)える時に・・・この「国」は日本とか他の国とかの国ではございません。組んで似せる、一つ一つの物事、表現、言葉、例えば、アメリカの国の国歌や国旗を作るのに土地や国民に組んで似せるように文章を作る。

古代の日本人はそれよりもっと以前に一つ一つの言葉すら、それは「国」、一語、一つのことを言ったら、自分の「国」を表現したものとして「国」という言葉を使いました。

この紫陽花は「どんなに美しいの」と表現すれば、「そうね〜、これは緑の葉、紫のあじさいで、素晴らしい緑の濃い所と淡い所があって」と。そうしますと言葉が組んで似せてきます、そういうことを「国」と申しました。

「国稚(くにわか)くして」というのですから、ウからアワに判れただけで、先天構造がどういうものかのハッキリ似せる作業がそんなに進んでいない、未だ不安定であって確実じゃない初歩の段階ですよ、ということを言った。

布斗麻邇講座「思うと考える」(H18年6月・会報217-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする