2017年08月01日

言霊 布斗麻邇講座・古事記と日本書紀

先月まで去年の春から十何回に渡ってコトタマ学と日本と世界の歴史とその将来のお話をして完了いたしました。初心に返り、五回目になりますから初回から講座に来られている方は耳タコであろうと。

ただ人間と申しますのは生きておりますと、いくら私のようなボンクラでも多少変わってまいります。その変わってきたところを参考にされますと、又新たな発見もあるかもしれません。

というわけで天地の初発の時からの古事記のお話に移ります。初めて来られた方に古事記と日本書紀からどうしてコトタマ学(原理)が出てくるのか、少しお話をさせていただき、それから本論に入らせていただきます。

このお話で今日は終わってしまうかもしれません。ただ今までお話しなかったことをお伝えすることになりますので時間を十分にとってお話させていただきます。

布斗麻邇講座「古事記と日本書紀」(H18年4月・会報215-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言霊 ふとまに・布斗麻邇

ご訪問者の皆様へ

弊ブログをご愛読、ご訪問ありがとうございます。

今月より、故島田正路氏最期のコトタマ学は五回目の講習会となりました「ふとまに・布斗麻邇」のシリーズになります。
【布斗麻邇とは】 四つの濁音の付くカサタハ現象二十音を習得すれば総ての原理を説明することが出来る。言霊の原理のことを布斗麻邇(フトマニ)と言い、二十(布斗)の言霊(麻邇)でもって五十の言霊を代表している。

従来通り「古事記と言霊」をテーマとしておりますが、先生の江戸っ子らしい平易で軽妙洒脱な語り口でおとぎ話のように説かれておられます。生きている今の心で、よりコトタマ学のご理解が深まれば幸いです。

管理人@言霊百神HP拝

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする