2017年07月10日

言霊 言霊学講話・言霊の原理の言葉で引き上げる

 それと同時に、八十禍津日神、大禍津日神、神直日、大直日、伊豆能売と出てきます。アの八十禍津日神は「瀬速し」で行けない。イの大禍津日神は「瀬弱し」、遅くて行けない。それではウオエが適当だろうと決まった。

 その時に、八十禍津日神は上に五十音(アオウエイ)と下に五十音(イエウオア)の百音図にすると、言霊原理から見た外国の文化は「こういうように見える」、外国語は「こういうように表現している」。

 同じ現象なのに言霊(上・五十音)と外国語(下・五十音)の表わし方は違う、だから引き上げなければならない。外国の言葉は一地方の言葉です。世界人類に通用する言霊の原理の言葉で引き上げなければなりません。

 それを引き上げるのにこの神様が「宇都志日金拆の命」、現実的な世界の色んな言葉そのものを神名に変えて広げる人、言い換えますと、一つには奥疎から辺疎に渡す、もう一つは下の五十音を上の五十音へ引き上げて言霊で表わす、その両方をやっている役職名です。


言霊学講話「三貴子の誕生」(H16年7月・会報194-01)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする