2017年06月05日

言霊 言霊学講話・悪いことも善くなるための契機

私(S)は小笠原先生(O)に食って掛かった、瞬きしただけで悪人が悪人でなくなる、そのように言われましたから。どうも解せなくて。第一に世の中に神がいるなら何故こんなに悪いことが起こるのか。先生は「悪いことも善くなるための契機になる」とおっしゃった。

 S)神は全知全能だから悪いことがなくても世の中を善くなるための神ではないですか。
 O)貴方のおっしゃりたいことはわからないことはないですよ。貴方は神に人間が悪いことをしながら神が悪いと言う。人間が悪いことをするのであって神様がそれを許しているわけではありません。
   でも、神の眼から見たら悪くも善くもない、わかりませんか?

 S)絶対に分からない!
 O)それでは本当のことを言いましょう。私の眼をみて私が質問しますから答えて下さい。悪(あく)って何ですか?貴方の言う「悪」って何ですか?

 S)人を殺すことは悪です。殺すだけでは言い足らないと思って「自分の利益のために人を殺すことは悪いことです」と言い返した。
 O)戦争へ行って人を殺して金鵄勲章をもらった人がいる。得意になって故郷に帰り死んだら奉られた、そういうのはどうなんですか?


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする