2017年06月01日

言霊 言霊学講話・その一言

今から三千二三百年前、日本の大先祖の一人である神足別豊鋤天皇が世界中で一番頭の良さそうな人間を選びまして、その人に勅命しました。

それは「これから三千年間は、お前とお前の子孫がイニシアチブを執って、物事を外に観る原理(カバラ)の力によって世界を再統一せよ。」

その人が祖国へ帰る時に大変なことを告げました。この言葉は竹内文献にもハッキリ遺っておりますが、その人の名前を「モーゼ」と申します。「汝モーゼ、汝より他に神なしと知れ」と勅令します。

「これから三千年、お前とお前の子孫が神である、お前の言う通りになる戦術をお前に授ける、それによって物質文明を完成させよ」と書いてありますが、一人の力でそのようなことが出来るのか。


言霊学講話「摂取不捨」(H16年6月・会報193-02)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする