2017年04月25日

言霊 言霊学講話・生まれた時に既に授かっている心の構造

それでは理屈の上で表と裏になるのではなくて、それを実際の生きた生命として人間が見ることが出来る瞬間があります。その瞬間の行を「禊祓」と申します。

伊耶那美命が黄泉国へ去り、一人になった伊耶那岐命は、五十音の整理運用の仕方の検討に入ります。この結果、初めて五十音で出来ている人間の心の構造は「こういうものなんだな」と最初の結論に達します。

この結論は人間が「オギャー」と生まれた時に既に授かっている心の構造を「天津菅麻音図」(あまつすがそおんず)と申します。清々しい衣、何の脚色、模様もない、大自然から授かった動物としての人間、何の文化活動をしていない時の人間。この音図は伊耶那岐命が持っている音図でもあります。

次に、この音図を基にして心とはどういう働きをするのか、どのように五十音を整理運用すれば人間の最高の心構えを得ることが出来るのだろうかという検討に入ります。最終的に「こうである」と検討がついた建御雷の男の神(たけみかづちのをのかみ)は最高の五十音図を手に入れます。


言霊学講話「自証から他証へ」(H16年5月・会報192-03)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする