2017年03月15日

言霊 言霊学講話・突っついたら突っかれる

人間が知っておくと便利なことを申し上げようと思います。私と家内とトラヴルがありまして、「あんな時にあんなことを言い出して」とか、「少しはこっちのことを推し量ってくれりゃいいのに」とか身内でなくても他人とも、そういった思惑違いがあるのが人生。

それは何も問題がない。自分がそれにひっかかって、ひっかかってしまいますと自分の経験知を総動員して、相手がどうして言ったのか、やったのかを合理的に考えをまとめようとして色んな事を詮索します。

と同時に相手の心理分析を始めます。合理的に始めるのも結構な話しですが、一つだけお遣りにならない方がいいことがあります。それは人の心を良いように変えようとすると、ものすごく手間取って損でございます。

他人に対して、自分の良いように思わせようとしますと、間違いなく100%逆のことをお遣りになります。突っつくことになります、突っついたら突かれます、必ず。だから突っつかない、突っつく方法を間違えてはいけません。

突っつくなら自分をつっつけば良い、自分が引っ込めば相手も引っ込みます。自分が自分のことを納得しますと、相手は納得するようなことを言い出します。今年に入って何十回も質問されたことがございますので、ご参考までにお話させていただきました。


言霊学講話「天津神籬U」(H16年2月・会報189-04)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする