2018年07月19日

言霊 布斗麻邇講座・物質は選り好みしない

科学は人に拠ることがない、人というものをネグレクトし、質問に答えるのは物質ですから、物質は選り好みしません。人間が質問したことのみ答えてくれますから、科学は誰がどんなことをしようが、正式に、正確に、実験し製作する限りは同じ結果をもたらします。

もう一つは、百人が百人、同じ答えを出すのはコトタマの原理でございます。誰が言おうが、全宇宙「我なり」の立場で物事を見、思い、そこから対処した行動をすれば、百人が百人、同じ行動をとります。

仏教の言葉に「仏と仏の言葉に異なることなし」。仏は色んな仏がおりますが、「これについてどう思う?」と鉛筆と紙を渡せば、皆一から十まで何一つ違わずに書く。仏は同じことを思う、それがコトタマの原理です。

ところが、何時の時代か、聖書の創世記に「ある時」とあります、イヴが、神様が食べてはいけないという禁断の果実を食べてしまった。その罰として、自意識、自分という意識を得て、自分が裸であることを恥じるようになった。自我意識がここで出て来た。

言霊・布斗麻邇「自我意識」(H18年11月・会報222-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

言霊 布斗麻邇講座・十人一色

世の中や家の中で起こっていることを天津磐坂(ウ・アワ・オエヲヱ・チイキミシリヒニ・イヰ)から観ますと、こういう状況であるな、ならば、こういうように対処すればいいなということが、立ち所に分かってまいります。

この場合、論争も何もございません。真実は一つですから、その真実に合ったことを何百人いようが、真実に合ったことをパッと見て言えば、百人いたとしても百人の意見は全部同じです。

金はどういう金属から出来ているのかを百人の科学者が研究し、一人が銀のことを言ったり、銅のことを言ったりするのは正式な学会では有り得ません。この世の中で誰が言っても、調べても、同じことを言うことが二つあります。二つしかございません。

一つは今盛んな科学、どの会社が発明しようがケータイは同じ構造をしております。いくらか配列は違うかもしれませんが、構造の因子は同じです。A社が製造したロケットが月に行き、B社の製造したロケットがA社の性能を備えていないということはありません。

言霊・布斗麻邇「自我意識」(H18年11月・会報222-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

言霊 布斗麻邇講座・霊音(ホネ)なし

母の役目である母音は、人間の魂の大本の宇宙ですから、困ったことや活躍しなければならない場面がきました時に「どうしたら良いか」を考えずに、又、内を観て「人間はどうやって生きていけばいいのか」というように自分の方ばかりみて過ごす。

人を救うのが眼目ですから、世の中を「あーすべし、こーすべし」は宗教からは出て来ない。八つの父韻の自覚が足らないということで「骨なし」、これは子供の中に入るのは適当でない。でも、そういう場面も来るかもしれないので、葦舟に入れて各世界へ追いやった。

事細かく水流子の方は説明いたしましたが、淡島の方は説明不足だったような感じがいたしましたので、講座に入る前に淡島について少しお話し申し上げます。

iwasaka (1).gif天津磐坂といわれる、天津は先天、磐坂は五葉性、五段階になってをり、私がこうやって言葉に出す前に「どういう言葉を喋ったらいいかな」と頭のなかでフル回転、活動している目に見えない世界がこの構造です。

言霊・布斗麻邇「自我意識」(H18年11月・会報222-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

言霊 布斗麻邇講座・母であって父でない

先月までは伊耶那岐・伊耶那美が天津神諸々の命である子供を生む、子音を生む活動に入った時に天之御柱を廻り合いて、伊耶那美命が先に声を出して「あー、なんて美しい男だこと!」と言ってしまい、伊耶那岐命は「どうも、これはふさわしくないようだ。」そうしましたら、水流子(ヒルコ)と淡島を生んだ、という所で話しは終わりました。

二人の子を生みましたが、コトタマの法則に合わずに生みましたから、「子も数に入れず」と言って、正式の伊耶那岐・伊耶那美の神様にはなりません。

水流子に関しましては第一精神文明から第二物質文明へ移る時には、コトタマの原理を隠してしまうので、人間社会は苦しみが多く出てきて困るだろう、今でいう四大宗教を創設して、困った時代の精神の助けにしようとしました。

宗教は人助けには誠に結構ですが、どういう働きをするかといいますと、人間の心の中にある母音、母の役目をするのが宗教です。母の役目はしますが父の役目はしない。

言霊・布斗麻邇「自我意識」(H18年11月・会報222-1)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

言霊 布斗麻邇講座・文明の公理

というわけで、コトタマと出会ったのが34歳の時ですから、もうすぐ45年間勉強させていただいています。この学問をやればやるほど、自分がどう変わるか、自分はものすごく罪が深くて、どうにもならない怠け者、その上、ふざけている。それほど大それた者でした。

このコトタマの学問に至って、人間がいるという大地がものすごく親しみのある、あー、この大地にいて良かったな、ほのぼのとした気持ちにいくらかは近づけさせていただいたかな、と思うようになれたのは、全部この学問のお陰です。

謙譲の美徳、難しい言葉で言えば。日本人がこういう「我良し」の世界に住まわせていただきながら、皇室とはどういうような付き合いに、国民と皇室とはどういう所に行き着けばいいのかな、そのような思いを馳せて、コトタマの勉強の一環として加えていただきたいと思います。

日本人は日本の国語である日本語でもって素晴らしい能力を発揮することが出来る。今頂いている能力を従前に生かすならば、今まで神と言われていた以上のことが出来る能力を授かっているということをお分かり下さると思います。

言霊・布斗麻邇「日本語」(H18年10月・会報221-5了)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

言霊 布斗麻邇講座・世界のマニ

人間というものの崇高さ、人間の生命の崇高さ、ここから出てきている。ヒ(コトタマ)ト(留まる)で「人」。人という者はそういうものなんです。と同時に日本人だけが人であるわけではない、世界人類の人の一人一人が人でございます。

ただ、日本は人の霊(ヒ)であるコトタマの原理から出発した日本語を使わしていただいている唯一の国民だということになります。威張ることではなくて、最も卑下した人が自分のやるべき仕事というものに気がついて、世界のために尽くす時代が来る、日本語はそういう言語です。

このコトタマの原理は威張った人には決して分からない。「俺は」と言っている人間には分かりません。私がコトタマに出会う前は、相当威張ってました。20代頃は何にも分からないけれど、どんなに苦しんでも、自分が研究し、勉強して最後には完成させてやろうと、ところが、33歳の時にジャーン。

頭が真っ白になった、真っ白になったら「これだよ」、このコトタマの学問に近づけさせて下さった。最初から「アキ」って何だ、「カキ」って何だ、その時に小笠原先生に言われたことが、もしかしたら「本当かもな」と気が付かせていただいたのは、自分の持っていた学問から奈落の底に突き落とされたから。

言霊・布斗麻邇「日本語」(H18年10月・会報221-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

言霊 布斗麻邇講座・青い鳥がいる場所

そういうことが分かってきて、その上で日本の国民がどうするか。そのことが分かりますと日本の国民のアイデンティティ、日本の国はどうやって出来上がって来たか、日本の国は全世界の人々に対して、どういうお役目を授かっているのか、ということまで分かってまいります。

日本の青い鳥は何てことはない、日本の都の中核にある皇居の宮中賢所に全部詰まっております。三千年の間、日本の青い鳥は日本の国民が注目するのを待っている。こういうことは「あの爺、変な夢物語を言っているか」と、それでも一度は言っておきませんと、此処の専売特許ですから。

これが問題になる時が遠からず来るはずでございます。その時にその洗礼をするのは誰?だいたい見当はついております。そういうことが徐々に、日本人も、世界の人々の心にも神秘であったものが神秘でなくなる日がまいります。

私がコトタマの原理を拙いお話しですが話しを聞いて下さる中で、神秘だとか、神様の学問であると、お考えになる方はあまりいらっしゃらない、人間の学問だとお考えになるだろうと思います。

言霊・布斗麻邇「日本語」(H18年10月・会報221-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

言霊 布斗麻邇講座・あっ、これだったのか

ここは、天皇に関する記録、それに対する祝い事、お政の調度、道具、そういう大切なものが、みんな保存されている所です。この賢所を冷静に調査すれば、今、私が申し上げたような疑問は一遍に飛んでしまう。「あっ、これだったのか」、明らかになるものがたくさんございます。

そういうものを合わせた日本の皇室内のお政の仕方、新しい天皇が立った時の「大嘗祭」、立太子と申しまして、皇太子が皇太子として立つ時の式典「壺切の儀」、その際に壺切の太刀を天皇からいただいて、それでもって壺の封印を破った中を覗き込む儀式。壺の中には何が入っているのか、知りたいでしょ?たぶん間違いなく、五十個の瓦だけ。

粘土板にアイウエオを彫って高熱で以て焼いた瓦を覗き込む。昔の天皇はアイウエオ五十音を自分の心の中で、その存在と意義を知った上で政を行っていたことを、この三千年間は知らずに来ましたから、時が来たならば、そういうことを知っている天皇が天皇の位に就く。

三千年間、賢所に保存してあるものが明るみに出てまいります。そうますと、間違いなく、議論の余地なく、天皇はかくあるべし、もし、そういう人が出ないとなると、どうするか、まで分かってまいります。

言霊・布斗麻邇「日本語」(H18年10月・会報221-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

言霊 布斗麻邇講座・賢所(けんしょ)

大昔にそうだったように、ただ、天皇が誰でも良いというわけにはいかない。今はその詳細に触れないことにして、そういう解決の方法があるということを申しげたいと思います。

そのために周知を尽くして、どうしても分からないという時がありましたら、日本の真の青い鳥は何処にいるんだ?、それを探すことになります。探す所は今でもいいですが、その時ではない、そういう議論は起こって来ないでしょうが、その内に起こってくるでしょう。

一番ハッキリしていることは、宮中三殿と申しまして、皇居の中の一番尊い所とされている三つの殿(あらか)、一つは賢所、もう一つは皇霊殿、もう一つは神殿。皇霊殿は代々の天皇の御霊を祀っている。神殿は日本中の正統な神様をお奉りしている。

その皇霊殿と神殿の上に立つ一番尊い殿が賢所。この間、賢所とは何だという本を書かれた、宮中に女官を五十数年間務めて辞められて、そういう本を発表した方がおっしゃるには「かしこどころ」とは言わずに「けんしょ」と言っていたそうです。

言霊・布斗麻邇「日本語」(H18年10月・会報221-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

言霊 布斗麻邇講座・天皇の地位

しかし、これが何十年と経ってきますと、そういう意識をしない人が世の中の中堅になりますと、天皇の地位と申しますのは、シンボル、国民の表徴とは天皇を擁護する言葉ではないのです。誰も擁護してくれない言葉なのです。その時になると日本人は困ってしまう。

その時のために「ああしたら良いだろう、こうしたら良いだろう」、自民党の中には元の憲法に戻せという人もいらっしゃる。そうしますと、又々神憑りの憲法が作りだされる。神憑りじゃないことに慣れてきた今の日本人には「おー、ヤダ」ということになります。

そうなると、どうしたらいいか、誰でもが考えなくてはならない。誰でもが考えつかないことになると思います。そのために、そういうことが起こってくるだろうなという予感がしてきますので、一言挙げておこうかな、真実は一つしかない、神憑りでもない。

いとも合理的でありながら、神懸かりでない、天皇の位置を定める唯一つのことがある。これなら誰も何も言わないで、「本当にそうだ」と、世界の人も認める天皇の地位というものが、実際にないわけではないのです。

言霊・布斗麻邇「日本語」(H18年10月・会報221-5)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする