2019年03月19日

言霊 布斗麻邇講座・フルノコトモト

成りませる神の名は甕速日(みかはやひ)の神。
 甕速日の神は五十音図をパッと一見し、これは何を意味しているのかが分かるような音図。天津太祝詞音図は「これが宇宙を照らす、人類を幸せにする、唯一の心の構造」ということが分かる人が見れば分かる。一つの全部まとまったものがパッと分かるようになっている音図。これを甕速日の神と申します。

次に樋(ひ)速日の神。
 樋は「とい」、水を流すように全体の流れを知るようになる、分かる音図のこと。

例えば石上神宮の布瑠の言本「ヒフミヨイムナヤコトモチ_ロラネシキル_ユヰツワヌ_ソヲタハクメ_カ_ウオヱニサリヘテ_ノマスアセエホレケ」この四十七文字のコトタマの一音一音分かってまいりますと、これは素晴らしいことを言い表しています。

この世の中を一遍に新しい光り輝く第三の生命世界に導く方法を、コトタマ四十七文字で重複すること無くその方法を説いています。これは素晴らしいものです。これは石上神宮の三千年来の秘言、唱え言です。

布斗麻邇講座「出発点から終着点へ渡す心の動き」(H19年3月・会報226-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

言霊 布斗麻邇講座・一番自分に良いことを言ってくれる十音の並び

いくらダビンチでも、観ている人の心をつっつく、押して結果は分からない。押して結果はどうなるかは分からない。それで、九拳剣。

アは自分の心を宇宙として絵を描いて、最後に行き着く処は観てくれる観客。その観客に圧力はかけるけれど、それが本当にいい絵だと思ってくれるかは不特定で不確定。九つは決定しているけれど、最後の一つは分からないからです。

十拳剣のアタカマハラナヤサワ、一度スメラミコトが命令したものは、徹底的に出された本人が幸せになるように言いますから、何人もそれに歯向かうことが出来ない。一番自分に良いことを言ってくれる、十音で完結いたします。

次に御刀の本(もと)に着ける血も、湯津石村に走(たばし)りつきて
 湯津石村については古事記と言霊に詳細に書いてございますので、ここでは省略いたします。

布斗麻邇講座「出発点から終着点へ渡す心の動き」(H19年3月・会報226-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

言霊 布斗麻邇講座・一つの意味あるもので繋がれている

次に石筒(いはつつ)の男(を)の神。
 一連の繋がれているものが(縦に五母音・五半母音または五つの子音が並び)、一つの意味あるもので繋がれていることがわかった。(五葉筒)一つ一つ見てみると、筒の中に入るものは、みんな一つ穴の狢で繋がっていることが分かった。

これもご自分の心で観てみれば「あの野郎、嫌な野郎だな」と思ったら、アの心がどういうように繋がっているか、アタカラハサナヤマと並んでやがる(笑)。相手を憎んだりすると、必ず相手に気づかれているということも分かってきます。

アタカラハサナヤマの心の並びは最後に「マ」、父韻の「ミ」ですから。相手は「俺を批判してやがる。」ア段の心の並びは、芸術的にどんなに素晴らしくても、万人がそれを受け容れるか受け容れないかは分からない。

アという宇宙の心でズーッと創作を続けて、最後の「ミ」で相手の心をつっつく、押す、感じろよ、感じろよ。どんな名画でもムシャクシャしている人にどんなにつっついても感動の一つも起こさせることは出来ません。

布斗麻邇講座「出発点から終着点へ渡す心の動き」(H19年3月・会報226-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

言霊 布斗麻邇講座・事象を現す並び方

ここに伊耶那岐の命、御佩(みは)せる十拳(とつか)の剣を抜きて、その子迦具土の神の頸(くび)を斬りたまひき。
 迦具土の神は粘土板に五十音を彫って、それを素焼きにした板。その一つ一つを集めた頸を斬ったことに二つあります。一つは十拳剣で迦具土の神は斬られたが故に出て来て分かった原理を述べています。

この時に伊耶那岐命と言ってしまうと無責任になってしまいますから、自分が斬ったらどうなんだ、そうすると物事は明瞭に事が重大なことに気が付きます。

ここにその御刀(みはかし)の前に着ける血、湯津石村(ゆついはむら)に走りつきて成りませる神の名は、石柝(いはさく)の神。
 縦に五つの言葉(五葉)が並んでいて、順序よく心の構造を表わしているんだなということがハッキリ分かった、自証できた。

次に根柝(ねさく)の神。
 根の方を斬ってみると父韻がちゃんと並んでいた。その並び方はどうだか分からないけれど、これが原動力となって物事を創っていくものなんだなということが分かった。

布斗麻邇講座「出発点から終着点へ渡す心の動き」(H19年3月・会報226-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

言霊 布斗麻邇講座・自分が求めなければ知ることが出来ない

自分が求めなければ分からない、求めてこれは悪い癖なんだと思えば、フッとその結びつきが分かる。これで父韻の「キ」が分かった。「ミ」は作用・反作用の関係ですから、結びつく「キ」に対して、向こうからこちらに結びつく「ミ」、同じことになります。

そういうことから八つの父韻は自分の心を反省している時に、自分の思うようにいかないこと、又は、思うようにいっても、何となく違和感を感じるものとかでハッキリと知ることが出来る。エ次元にいかずとも、コトタマ学の初期の段階で父韻は分からないはずはない。

なんたが当たり前のような話ですから、お分かりにならないかもしれませんが、反省してみて下さい。私はそうやって父韻を知っていきました。

かれその神避(かむさ)りたまひし伊耶那美の神は、出雲の国と伯伎(ははき)の国との堺なる比婆(ひば)の山に葬(をさ)めまつりき。
 亡くなってしまって高天原から黄泉国へ伊耶那美命は何処にいるか。岐美の命が共同して創った子音、「カ」ならば「KiA」、伯伎の国は母音、出雲の国はムクムク湧いて出る雲は父韻との境、KとAの境にあるiのこと。

こんなに真面目にふざけられちゃうと、太安万侶さんって方は肝っ玉の太い、勤勉実直な厳しい方だったろうと思います。

布斗麻邇講座「出発点から終着点へ渡す心の動き」(H19年3月・会報226-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

言霊 布斗麻邇講座・結びつかなければ何も出来ない

相手を傷つけたのですから、それは有難くないのですが、傷つけたのにも関わらず、世の中でこうやって安楽に暮らさせていただいているのは、有り難いなと思う、両手を合わせて。

「有り難いな」と思うと、その時の心を観ると相手を傷つけたという心がフーッと消えています。「有り難い」というのは心の光なんです。そういうことを繰り返して行く内に癖がフーッとなくなっていく。

自分がコントロールするにも関わらず、フーッと結びつく癖は「キ」という父韻だと分かる、人を傷つける心の動きが嫌だと思うのでしょうが、結びつかなければ何も出来ない。切符を買う窓口で財布を出そうと命令された、それも父韻の一つの働き。

やって良いことも、悪いことにも結びつく。けれど、やって良いことも、なかなか癖と言うものは意識できない。やってはいけないということを、やってしまって「ヤダ」と思ったということは、そういうように結びつく癖が自分にあると思ったら、良いようにも悪いようにも、父韻のキミはこれなんだと知る。

布斗麻邇講座「出発点から終着点へ渡す心の動き」(H19年3月・会報226-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

言霊 布斗麻邇講座・また、やってしまった、けれど

それは、自分がこういう心を持つのが嫌だと思った時に、何故、出てしまうのか。キミの作用で、自分の心をコントロールする、しないに関係なく、その習性というものが、考え方の癖というものが、パッと経験知に結びついてしまう。

その時に「どうして結びついてしまうのか」をよくよく思って、その時に坐る、坐ってポアンとしているわけではないのです。

自分はそういう時にどうしても癖が出て来た時に「お前は出てくるなよ」と何度も言い聞かすか、出てしまったら、又、出てきてしまった、自分という人間は到らないんだな、相手を愛することもせず、相手を責めてしまうのは、この癖なんだと思った時に、にも関わらず世の中を、大手を振って歩いていられる。

ということは、自分の生命と言ってもいいし、宗教的に神様と言ってもいい、自分を許してくれている、自分を守ってくれている、両手を合わせて「有り難いな」と思う。

布斗麻邇講座「出発点から終着点へ渡す心の動き」(H19年3月・会報226-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

言霊 布斗麻邇講座・フッとくっつく作用

自分の習性になったものは理性的に直そうとしても出来るものではございません。達磨大師だと、ここで話は終わってしまいます。「分かったか?」、達磨さんは実に無責任です。今は達磨さんの時代ではございませんので、よくよく説明申し上げますが。

こう言ったら必ずあの人は機嫌が悪くなる、そのことを言わずにおきましょうと言って、その人に会って同じことをされますと、自分は又そこで同じような言葉を出してしまう。でも、それは「出るな」と命令したのに出てしまう。

自分の心の中にある経験知が、自分がコントロールする枠から突破して出て来るんだな、ということになります。そうすると、ここでよくお聞き下さい。チイキミシリヒニのキミという父韻、これが一番分かりやすいのでこれから説明申し上げます。

キは掻き来る、他から自分の方へ掻き来る(キ)、又は、自分から他へ近づいていって、そこの処へくっついていく(ミ)。どちらでも良いのですが、キミという心の父韻は自分の心に命令する、しないに関わらず、フッとくっついてしまう、ということだなと分かる。

布斗麻邇講座「出発点から終着点へ渡す心の動き」(H19年3月・会報226-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

言霊 布斗麻邇講座・同じことを繰り返すのは

ただし、父韻の一つ一つがどういうように泣くのか、分からなければ分かりません。どうやって分かるのか、言霊エの次元にいかないと父韻は分からないと申し上げてきました。

コトタマ学が一般の宗教とか心理学の方面から観ますと、エ次元でなくては分からないというのは真実なんです。コトタマ学の始めから観ますと、それは真実ではないと分かってきます。

どういうことか、ウとオの欲望と理論の世界に住んでいて、友達とうまくいかない。どうしてうまくいかないのだろう。「あーでもない、こーでもない」と悩みます。悩んでいる時に、あの人の言動の中に、自分の心の中は「ああいうことは嫌いだ」という経験知識が、あの人を心の中で責めてしまうから、諍いが起こるんだな、と。

もし、そう分かったとしたら、どうなさいますか?「ああいうことで責めることは止めよう」と言い聞かせます。でも、実際に会ってしまったら、同じことが起きますと、又同じことが起こります。

布斗麻邇講座「出発点から終着点へ渡す心の動き」(H19年3月・会報226-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

言霊 布斗麻邇講座・順序だって結末に着く

私達自身が、私とあの人が始めはこんなことから、終わりはこんなことで終わった、始まりはどうだったろうか、結末はどうだったろうか、事象を主体側からと客体側から観てみる。

ということは、あの人に相談したら、こういうようになった。その人の言ったこと、自分がどう感じたか、それを全部自分の心の中で、自分の心を観たり、相手の心を観たり、行ったり来たりしている内に、相談事がこういうようになった。

父韻の順序からどういう言葉を交わしたのか、だんだん分かってくる、泣き騒ぐと分かってくる、よくありますでしょ?友達と少し諍いがあったけど、家に帰ってから「なんであの人怒ったような顔をしたんだろう、言い過ぎたかな。」

だんだん、後になってからなるようになった、言い過ぎたのではなくて、それが発端となって、ちゃんと順序立てがあって結末が着いたから良かったな、というようなことから父韻の並びが分かってきます。

布斗麻邇講座「出発点から終着点へ渡す心の動き」(H19年3月・会報226-4)

posted by 管理人@言霊百神HP at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | コトタマノマナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする